英作文・英文添削・質問ボックス

表現・英文作成・英文添削・英文法、英語の勉強法に関する依頼及び質問はコメントをクリックし、下記フォームに書いてください。未回答が3件以上になった場合は、回答が遅くなる場合がありますのでご了承くだい。

「英作文・英文添削・質問ボックス」への89件のフィードバック

  1. 1.前回、私はお話ししました、一つ目の要件を出国命令のための
    Last time, I talked about the first condition for Departure Order.
    2.今回、私はお話しします、二つ目の要件をそれのための
    This time, I talk about the second condition for it.
    3.前回お話ししたように、出国命令は出されることがあります、外国人に、その人は退去強制事由に該当する
    As I talked last time, the Order may be issued to a foreigner who falls under the deportation reasons.
    4.しかし、その命令は出されない、外国人に、その人は犯した、重大な違反を入管法上の
    But the Order isn’t issued to a foreigner who committed a critical breach of the Immigration Control Act.
    5.例えば、といった外国人もいる、偽造する、在留資格認定証明書や上陸許可の証印を、または行使するそれらを
    For instance, some foreigner forge or alter a certificate of eligibility for status of residence or a seal for landing permission or use them.
    6.と言った外国人もいる、懲役または禁錮に処せられる、窃盗、暴行、殺人などの罪により
    Others are sentenced to imprisonment or imprisonment without work on a charge of theft, assault, homicide and others.
    7.法24条の3の規定により、彼等は該当しないその命令に
    According to Article24-3 of the Act, they aren’t subject to the Order.
    8.次の三つの要件も必要とされる、満たされることを、その二つ目の要件の為に
    The following three conditions are also required to be satisfied for the second condition.
    9.速やかに本邦から出国する意思をもって、自ら入管に出頭したこと
    A foreigner has voluntarily appeared at an immigration bureau with the intention of departing from Japan promptly;
    10.速やかに本邦から出国することが確実と見込まれること
    A foreigner should be expected with certainty to depart from Japan promptly.
    11.過去に本邦から退去強制されたこと、または、出国命令により出国したことがないこと
    A foreigner should have no past record of being deported or departing from Japan under the Order.
    12.上記の他、あります、幾つかの規定が、入管法の、従うべき。出国命令が出される場合に、外国人に
    In addition to the above, there are some provisions of the Act to be followed when the Order is issued to a foreigner.
    13.出国命令について、より詳しい情報を知りたい場合、在留資格に特化している弁護士や行政書士にご相談ください
    Please consult a lawyer or an administrative scrivener who specializes in status of residence for further information about the Order.

  2. 1.今回、私はお話しします、出国命令制度について、詳細に
    This time, I talk about the Departure Order System in detail.
    2.入管法24条の3が、それ(出国命令)を規定します
    Article24-3 of the Immigration Control Act provides it.
    3.大まかにいうと、外国人は満たす必要があります、次の二つの要件を、それ(出国命令)の為に
    Roughly speaking, a foreigner needs to meet the following two coditions for it.
    4.まず、彼が該当することいずれかに退去強制事由のうちの不法滞在に関連する
    One is that he should fall under one of the deportation reasons related to illegal stay.
    5.もう一つが、彼が犯していないこと重大な違反を入管法上の
    The other is that he hasn’t committed a critical breach of the Act
    6.私はお話しします最初の要件について
    I refer to the first condition.
    7.例えば、外国人(日本人の配偶者の在留資格を有する)が離婚するとします 
    For instance, a foreigner with a status of residence of a Japanese Spouse gets a divorce.
    8.すると、原則として、彼は在留できません最早日本人の配偶者の在留資格に基づいて
    And then, in principle, he cannot reside in Japan any longer under the status of residence.
    9.彼が変更しない限りその在留資格を他の在留資格へ
    Unless he changes the status of residence to another one.
    10.もし彼が滞在し続ければ違法に6か月以上
    If he keeps residing illegally for more than 6 months
    11.彼は該当します在留資格の取消しの要件に
    He falls under revocation of his status of residence.
    12.運悪く、入管が気づいて彼の不法滞在をそして在留資格を取消すと
    Unluckily, the Immigration Bureau finds his illeagal stay and revocates it,
    13.入管は指定します必要な期間を30日を超えない出国するために
    The bureau designates a necessary period not exceeding 30 days to depart from Japan.
    14.もし彼が在留すると日本にこの期間を超えて
    If he resides in Japan over the period,
    15.彼は該当します退去強制事由に
    He falls under the deportation reasons.
    16.この様な在留資格取消の場合に、もし彼が該当するともう一つの要件に
    In the case of revocation of a status of residence like this, if he falls under the other condition,
    17.入管は命ずることがあります彼に出国を日本からの出国命令に基づき、退去強制させる代わりに彼を
    The bureau may order him to leave this country based on a written departure order instead of deporting him.
    18.次回、私はお話ししますそのもう一つの要件について
    Next time, I’ll talk about the other condition.

  3. 今回、私はお話しします、出国命令制度について
    This time, I talk about the Departure Order system.
    原則として、退去強制事由に外国人が該当すると
    In principle, if a foreigner falls under the deportation reasons,
    入管は退去強制させます当該外国人を退去強制令書に基づいて
    The Immigration Bureau deports the foreigner based on a deportation order.
    例外として、出国命令書に基づき、入管は退去強制に該当する外国人に出国を命じます彼を退去強制にする代わりに
    As an exception, the Bureau orders the foreigner subject to deportation to leave this country based on a departure order instead of deporting him.
    入管法の重大な違反にその外国人が該当していないので
    As the foreigner doesn’t fall under critical breach of the Immigration Control Act,
    出国命令に基づき、その外国人が日本を出国するのを、入管は許容します
    The Bureau allows the foreigner to leave Japan based on a departure order.
    何が一番大きな相違点でしょうかこれら2つの制度の間で外国人の立場からすると
    What’s the biggest different point between these two systems in terms of a foreigner?
    それは日本への上陸拒否期間です
    It’s the period of denial of landing on Japan.
    過去に於いて退去強制させられた外国人は禁止されます上陸を5又は10年の間
    A foreigner who was deported in the past is banned from landing for 5 or 10 years.
    その外国人が持つ日本人の配偶者と子供をその人達は生活している日本で、という場合
    In the case that the foreigner has a Japanese wife and child who live in Japan,
    どれほど辛いでしょうかその家族が一緒に生活できないことは日本で5又は10年の間
    How hard it would be for the family to be unable to live together in Japan for 5 or 10 years.
    一方で、過去に於いて出国命令に基づいて出国した外国人は禁止されます上陸を1年間のみ
    On the other hand, a foreigner who left Japan based on a departure order in the past is banned from landing only for one year.
    しかし、原則として、一度出国命令に基づき外国人が出国すると
    But as a rule, once a foreigner leaves Japan based on a departure order,
    次回、外国人は出国することを得ません、再度、出国命令に基づき、
    Next time, he cannot leave the country based on the order again.

  4. 1.今回、私はお話しします、在留特別許可について
    This time, I’ll talk about special permission to stay in Japan.
    2.入管法49条1項の規定により、退去強制手続きの中の、最終段階に於いて、退去強制に該当する外国人は、請願することを得ます、法務大臣に、在留特別許可を
    According to the provision of Article 49 paragraph (1), a foreigner subject to deportation can plead with the minister of Justice for the permission at the last stage of the deportation procedures.
    3.入管法51条1項の規定により、当該外国人が、以下のような条件を満たす場合、在留特別許可を、法務大臣は与えることを得ます
    According to the provision of Article 51 paragraph (1), in the case that the foreigner meets the conditions as below, the minister may grant the permission to him.
    4.当該外国人が、永住許可を受けている
    The foreigner has obtained a permission for permanent residence.
    5.当該外国人が持っていた、原籍(変更前の戸籍)を日本に於いて、一人の日本国民として、過去に於いて
    The foreigner had a registered domicile in Japan as a Japanese national in the past.
    当該外国人が在留している本邦に、他人の支配下に置かれて、人身取引等により
    The foreigner resides in Japan under the control of another person due to Trafficking in Persons.
    7.上記以外に、法務大臣が事情を認める、在留特別許可を与えるべき、当該外国人に
    In addition to the above, the Minister finds grounds to grant the permission to the foreiger.
    8.この許可は出されます、法務大臣の自由裁量に基づいて
    The permission is issued based on the minister’s discretion.
    9.法務大臣が当該許可を与える場合、在留資格及び在留期間を決定し、その他、法務大臣が必要と認める条件を法務大臣は附することをできます
    The minister may determine the status of residence and period of stay, and impose conditions which the Minister finds necessary, when he grants the permission.
    10.当該外国人が、中長期在留者に該当する場合、、当該許可の結果、入管は当該外国人に在留カードを交付します
    The immigration bureau issues a resident card to the foreigner, when he comes under a mid to long term resident as a result of the permission.
    11.在留特別許可について、より詳しい情報を知りたい場合、在留資格に特化している弁護士や行政書士にご相談ください
    Please consult a lawyer or an administrative scrivener who specializes in status of residence for further information about the permission.
    12.次回、私はお話しします、出国命令制度について
    Next time, I’ll talk about Departure Order system.

  5. 外国人を雇用する場合、人事課のスタッフが、在留資格について気を付けるべきことは何ですか。
    What should a staff of human recources section pay attention to about status of residence when hiring a foreigner?
    外国人が持つ在留資格により、従事できる活動内容が異なります。
    The contents of activities a foreigner can do varies depending on a status of residence he has.
    就労活動を許容する在留資格を持つ外国人を雇用することが必要です。
    It’s necessary to hire a foreigner who has a status of residence that allows him to engage in work-related activities.
    ですので、その会社での、仕事内容が、当該外国人が所持する在留資格に対応する活動内容に当てはまらなければなりません。
    The work contents at a company must be subject to the contents of activities corresponding to a status of residence that he has.

  6. 今回、私はお話しします、口頭審理の手続について、第3段階として、退去強制手続きの
    This time, I’ll talk about the hearing proceedings as the third stage of the procedure for deportation.
    以前お話ししたように、入国審査官が審査します、容疑者が退去強制に該当するかを、退去強制手続きの第2段階として
    As I talked before, the immigration inspectors examine if the suspect falls under deportation.
    口頭審理に於いて、もし特別審理官が判定すると、審査結果(それは)、基づかないと、実際の証拠に、
    In the hearing, If the Special Inquiry Officers find that the result of the examination isn’t based on factual evidences,
    特別審理官は容疑者を放免します
    They release him.
    一方、特別審理官が、判定する場合、誤りがないと審査結果に、
    On the other hand, in the case that the Special Inquiry Officers find no mistakes in the result of the examination,
    特別審理官が、通知します、主任審査官及び容疑者にその旨を、書面で
    The Special Inquiry Officers notify the Supervising Immigration Inspectors and the suspect of it in writing.
    容疑者が異議を持たなければこの認定に、
    If he has no objection to it,
    主任審査官が、発付します、退去強制令書を容疑者に
    The Supervising Immigration Inspectors issue a deportation order to him .
    そして容疑者は退去強制させられます
    And then, he is deported.
    しかし、その容疑者が異議を持てば、口頭審理の結果に、審査結果に誤りがないとする
    But if he has objection to the result of the hearing which judges no mistakes in the result of the examination,
    その容疑者は異議を申し出ることをできます、主任審査官に、書面で、3日以内に、通知から
    He can object to the Supervising Immigration Inspectors in writing within three days from the day of the notice.
    同時に、これは意味します、彼が法務大臣に意義を申し出ることを
    At the same time, this means that he objects to the Minister of Justice.
    最終的には、法務大臣が判断します、その容疑者が退去強制に該当するかどうかを、第4段階として、退去強制手続きの
    Finally, the Minister decise if the suspect falls under deportation as the fourth stage of the procedure for deportation.
    法務大臣の判断過程で、その容疑者は請願できます、法務大臣に、在留特別許可を
    In the process of the Minister’s decision, the suspect can plead with the Minister for the special permission to stay in Japan.
    たとえもし、法務大臣が判断しても、その容疑者が退去強制に該当すると、
    Even if the Minister finds that the suspcet falls under deportation,
    在留特別許可が出されることがあります、法務大臣の裁量により、理由を考慮して、二十歳未満の日本人の子供を持ち、養育してるなどの
    The special permission may be issued by the Minister’s discretion considering such reasons as having and raising a Japanese child aged under 20 and so on.

  7. 今回、私はお話しします、口頭審理の手続を
    This time, I’ll talk about the hearing proceedings.
    もし特別審理官が判定すると、容疑者が退去強制に該当するとの審査結果が基づかないと、実際の証拠に
    If the Special Inquiry Officers find that the result of the examination which insists the suspect falls under deportation isn’t based on factual evidences,
    特別審理官は容疑者を放免します
    They release him.
    特別審理官が、判定する場合、容疑者が退去強制に該当するとの審査結果に誤りがないと 
    In the case that the Special Inquiry Officers find no mistakes in the result of the examination which insists the suspect falls under deportation,
    特別審理官が、通知します、主任審査官及び容疑者にその旨を
    The Special Inquiry Officers notify Supervising Immigration Inspectors and the suspect of it in writing.
    容疑者が異議を持たなければこの認定に、
    If he has no objection to it,
    主任審査官が、発付します、容疑者に、退去強制令書を
    The Supervising Immigration Inspectors issue a deportation order to him .
    そして容疑者は退去強制させられます
    And then, he is deported.
    その容疑者が異議を持てば、特別審理官による認定に 
    If he has objection to the result of the hearing by the Special Inquiry Officers,
    その容疑者は提出します、異議を書面で、主任審査官に、通知日から3日以内に
    He objects to the Supervising Immigration Inspector in writing within three days from the notice.
    これは意味します、法務大臣に意義を申し出ることを、退去強制手続きの第4段階として
    This means that he objects to the Minister of justice as the forth stage of the procedure for deportation.
    しかし、例外規定があります、法務大臣への異議申し出について
    There is an exceptional rule about the objection to the Minister of justice.
    たとえもし、その容疑者が異議を持たなくとも
    Even if the suspect has no objection to the result of the hearing,
    あるケースに於いては、その容疑者が、異議を申し出ることをできます、法務大臣に
    He can object to the Minister of justice in some cases,
    もし、その容疑者が受けたいのなら、法務大臣による在留特別許可を
    If he wants to have special permission to stay in Japan issued.
    何故なら、在留特別許可は出されるので、退去強制手続きの第4段階の中で
    Because the special permission is granted in the fourth stage of procedure for deportation.
    在留特別許可は出されます、法務大臣の裁量により、二十歳未満の日本人の子供を持ち、養育してるなどの理由を考慮して
    The special permission is issued at the Minister’s discretion considering such reasons as having and raising a Japanese child aged under 20.

  8. 退去強制手続きについておさらいします。
    入国警備官による入管法の違反調査が、第1段階です。
    容疑者が退去強制に該当するかチェックする為の、入国審査官による審査が、第2段階です。
    特別審理官による口頭審理が、第3段階です。
    そして、第4段階として、法務大臣が裁決します、容疑者による異議申し立てが理由があるか否かを。
    特別審理官が口頭審理を行います。
    特別審理官は、上級の入国審査官です。
    口頭審理の目的は判断することです、何らかの誤りがあるかを、第2段階での審査の結果に、入国審査官による
    入管法第10条3項から6項の規定が、口頭審理の手続きに準用されます。
    なので容疑者は防御する為の機会を持ちます、代理人の選任及び親族・知人1人の立合といった。
    一方、特別審理官は、容疑者の主張を聴取します、証拠物を取り調べます、証人を尋問します。
    次回、詳しく、口頭審理の手続きを、私はお話しします。
    I’ll review the procedures for deportation.
    An investigation into violations of the Immigration control act by the Immigration control officers is the first stage.
    The second stage is an examination by the Immigration inspectors to check if the suspect falls under deportation.
    A hearing by the special inquiry officers is the third stage.
    And the minister of justice decides whether the objection by the suspect is reasonable or not as the fourth stage.
    The special inqiry officers conduct the hearing.
    They are superior immigration inspectors.
    The purpose of the hearing is to judge if there are any mistakes with the result of the examination by the immigration inspectors.
    The provisions of Article 10, paragraphs 3 through 6 apply mutatis mutandis to the hearing proceedings.
    So the suspect has such occasions to defend as selection of a representative and attendance of one of their relatives or acquaintances.
    On the other hand, the special inquiry officers hear the suspect and examine evidences and witnesses.
    Next time, I’ll talk about the hearing proceedings in detail.

  9. 先日、明治神宮へ行きました、白玉石持行事へ参加するために。
    The other day, I went to the Meiji shrine for Siratama isimochi event.
    白玉石持行事とは、神社の本殿改修工事が終了する前に、その根元にこぶし大の白い石を敷き詰める行事です。
    Siratama isimochi event is an event where you lay a white fist-sized stone down at the root of main hall before finishing the repair work of it.
    その行事に参加するのは、今回が初めてです。
    This is the first time to join the event.
    その日、天気は晴れており、とても暑かったです。
    It was sunny and very hot on that day.
    代々木駅で下車し、歩きました、幾つかあるうちの一つの入口まで、約10分間。
    I got off at Yoyogi station and walked to one of entrances of the shrine for 10 minutes.
    その敷地の中に1歩に入ると、巨大な森が広がっていることに気づきます。
    With a step inside the premise, you find that there is a big forest spreading.
    たくさんの緑に覆われた参道は、緑でできたトンネルのようです。
    A Sando covered with a lot of green seems like a tunnel of green.
    そこでは、1-2度気温が低く、昼でも薄暗いです。
    It’s a few degrees cooler and dark even in the daytime there.
    東京の真ん中に、自然がたくさんある場所が残されているのを知って、驚きました。
    I was surprised to learn that there is such a place left with a lot of nature in the middle of Tokyo.
    参道沿いに約5分歩くと、右手に、神楽殿があります、そこで受付をし、諸注意などを受けます。
    After 5 minutes walk along the Sando, there is a building called ‘Kaguraden’ where we check in and receive instructions about the ceremony.
    自分たちの番が来るのを待つ間、石を置くための白い布と、襷を受け取ります。
    While waiting for our turn to come, we receive a white cloth which to put a stone on and a sash.
    これから通常、立ち入りを許されてない区域に入るので、少し緊張します。
    I’m a little bit nervous to enter a zone where you aren’t allowed to usually.
    程なくして、私達の順番が来ます。
    It’s not long before our turn comes.
    襷をかけて、神主さんについて仮本殿前まで行き、彼がお祓いをします。
    We follow a Shinto priest to the front of a provisional main hall with the sash on, he performs a purification ceremony.
    その神主が、私達を先導します、より奥の区域に。
    The shinto priest leads us to a deeper zone.
    私たちの目の前に、3つの大きな酒樽があり、その中にたくさんの白い石が詰まっています。
    In front of us, there are three Sake barrel filled with a lot of white stones.
    先ほど配られた白い布の上に、酒樽から1個の石を置きます。
    I take a stone from the Sake barrel and put it on the white cloth.
    その石をもって、本殿の裏側に沿って、その突き当りまで、神主に導かれます。
    We are led by a Sinto priest to the end of main hall along the back side of it with our stone.
    地上の本殿の根元に、同じような石が敷き詰められている場所があります。
    There is a space where the same kind of stones are laid down at the root of the main hall on the ground.
    そこに、自分の石を置きます。
    I lay my stone down there.
    やるべきことを終えて、少し安堵します。
    I’m relieved a little to complete what to do.
    その後、より奥まった場所に歩いて入り、禁足地と言われる場所を、塀越しに見ます。
    Afterward, we walk into a deeper place and see Kinsokuchi over a fence.
    禁足地とは、文字通り、入ってはいけない場所です。
    Kinsokuchi literally means a place where you aren’t allowed to enter.
    明治神宮内に、そのような場所があるとは、初耳です。
    This is the first time to learn that there is such a place in the shrine premise.
    行事の最後に、直会として、小さな盃に入った日本酒が、振舞われます。
    Japanese sake in a very small cup is served as Naorai at the end of the event.

  10. 今回、私はお話しします、退去強制手続の第2段階について。
    This time, I’ll talk about the second stage of the procedures for deportation.
    入国審査官が審査します、容疑者が退去強制に該当するかを。容疑者の身柄が入国警備官から入国審査官に引き渡された後
    The immigration inspectors examine if the suspect falls under deportation after he was handed over to them from the immigration control officers.
    もし、入国審査官が認定すると、容疑者が退去強制事由に該当しないと 
    If they find that he doesn’t fall under it,
    容疑者を放免します
    They release him.
    入国審査官が認定する場合、容疑者が退去強制事由に該当すると 
    In the case that they find that he does under it,
    入国審査官が、書面にて、その旨を、主任審査官及び容疑者に通知します
    They notify a Supervising Immigration Inspector and him of it in writing.
    もし、容疑者がこの認定に服せば
    If he has no objection to it,
    主任審査官が、容疑者に、退去強制令書を発付します
    The Supervising Immigration Inspector issues a deportation order to him .
    そして容疑者は退去強制させられます
    And then, they make him deported.
    もし、容疑者が異議があれば、その認定に 
    In the case that he has an objection to it,
    通知日から3日以内に、容疑者は、特別審理官に、口頭審理を請求できます
    He can request a Special Inquiry Officer for a hearing within 3 days from the date of notice.
    口頭審理は、退去強制手続の第3段階です
    The hearing is the third stage of the procedures for deportation.
    次回、私はお話しします、それについて
    Next time, I’ll talk about it.

  11. 前回、私はお話ししました、入国警備官による違反調査について、退去強制手続の第1段階としての。
    Last time, I talked about investigation into violations by immigration control officers as the first stage of the procedures for deportation.
    退去強制に関するこれら一連の手続きは、司法手続きではありません。それは行政手続きとして行われます。
    A series of procedures for deportation is conducted as administrative procedures. It’s not judical ones.
    日本国憲法によれば、現行犯逮捕を除いて、裁判所による令状なしには、何人も逮捕されません。
    According to the Japanese constitution, no one is arrested without a warrant by a court except flagrante delicto.
    外国人を収容所に収容することは逮捕とイコールではありません。
    Detaining a foreigner in an immigration detention center isn’t equal to arresting them.
    逮捕と同様、身体を拘束する点において、収容は当該容疑者の人権を大きく制限します。
    Alike arrest, it restricts human rights of the suspect badly in respect of restraining the body.
    この点を問題であると考える人々もいます。
    Some people take it as a problem.
    しかし、基本的に入管法は、国防に関連する法律です。
    But basically, the Immigration Control Act is an act related to national defense.
    国防における日本の国益と日本に在留している外国人の人権をはかりにかけると、
    When I weigh national interest of this country against human rights of a foreigner residing in Japan,
    国防における日本の国益のほうがより重要です、外国人の人権以上に。
    The foremer is more important than the latter.
    私の意見としては、司法手続きによらず、外国人容疑者の人権を、入管が制限することはやむをえないことです。
    In my opinion, it can’t be helped that the immigration bureau restricts human rights of a foreign suspect without judical procedures.
    次回、私はお話しします、退去強制手続の第2段階について。 
    Next time, I’ll talk about the second stage of the procedures for deportation.

  12. 前回、私はお話ししました、退去強制事由について、入管法24条に規定された。
    Last time, I talked about the deportation reasons provided in Article 24 of the act.
    今回、私はお話しします、入国警備官による違反調査について。
    This time, I talk about investigation into violations by immigration control officers.
    入国警備官による違反調査は、退去強制手続の第1段階です。 
    The investigation is in the first stage of the procedures for deportation.
    入国警備官が、入管法第24条の各号に抵触すると思料する外国人を発見すると
    In the case that they find a foreigner who may conflict with any paragraph of Article 24 of the act,
    入国警備官は当該外国人を調査できます。
    They can investigate him.
    その調査の為、入国警備官はその容疑者や証人を取り調べることをできます。
    For the investigation, they can interrogate the suspect or witnesses.
    裁判官からの許可があれば、入国警備官はその容疑者の部屋を捜索し、証拠品を押収できます。
    With the permission from a judge, they can search his house and seize evidences.
    その調査の結果、その容疑者が退去強制事由に抵触すると疑うに足りる相当の理由があるときは、入国警備官は収容令書により、収容センターに、容疑者を収容できます。
    As the result of it, they can detain the suspect by the written detention order in an immigration detention center, if there are reasonable grounds to suspect that the suspect conflicts with the reasons.
    その場合、30日の期間内、その容疑者はその施設にとどめ置かれます。やむを得ない事情により、その期間を30日間延長できます。
    The suspect is detained there within the period of 30 days in that case. They can extend the period for 30 days due to unavoidable reasons.
    この収容令書は、上級の入国審査官により発行されます。
    This order is issued by a superior immigration inspector.
    もし、その容疑者が退去強制事由に明らかに抵触すれば、収容令書の発付を待たずに、入国警備官はその者を収容できます。
    They can detain the suspect without waiting for the order to be issued in the case that he obviously conflicts with the reasons.
    入国警備官は、その容疑者を収容してから48時間以内に、入国審査官にその身柄を引き渡します。
    They hand the suspect over to the immigration inspectors within 48 hours from his detention.

  13. 退去強制対象者は、退去強制事由のいずれかに抵触し、かつ、出国命令のための条件を満たさない外国人です。
    A foreigner subject to deportation is one who conflicts with any of the reasons and doesn’t meet conditions for departure order.

  14. 今回、私はお話しします、退去強制事由について、入管法24条に規定された。
    This time, I’ll talk about the deportation reasons provided in article 24 of the act.
    入管法への著しい違反行為が、分類されています、退去強制事由として
    Serious violating acts against the immigration controll act are classified as the reasons.
    よくある例をいくつか挙げてみます。
    I’ll take some frequent cases of them.
    日本への不法入国。有効な旅券を所持せずに日本に入国する外国人は、不法入国者です。
    Entering Japan illegally. Foreigners who enter the country without a valid passport are illegal immigrants.
    日本への不法上陸。入国審査官から上陸の許可等を受けないで日本に上陸する外国人は、不法上陸者です。
    Landing on Japan illegally. Foreigners who land on the country without receiving landing permission from an immigration inspectors are those who illegally land.
    不法残留。在留期間の更新又は変更を受けないで、在留期間を経過して日本に滞在する外国人は、不法残留者です。
    Overstaying in Japan. Foreigners who stays in Japan over his period of stay without renewing or changing the period are overstayeres.
    資格外活動。これは、入管法別表第1の在留資格を有する外国人が、資格外活動許可を得ずに、収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を専ら行つていると明らかに認められる場合です。
    Activities other than that permitted under the status of residence previously granted. This is the case where it’s obviously recognized that foreigners with a status of residence of appendix table 1 of the act exclusively engage in activities related to the management of business involving income or activities for which he receives remuneration without the permission to engage in those activities.
    在留資格の取消。これは、別表第一の上欄の在留資格をもつて在留する者が、現に有する在留資格に対応する活動を行ってなかった、かつ、現に有する在留資格に基づいて許容されたこと以外の他の行動を行った又は行おうとしていたことにより、在留資格を取り消された場合です。
    Revocation of a status of residence. This is the case where a foreigner with a status of residence of appendix table 1 of the act had his status revoked on the ground that he hadn’t done his activities corresponding to the status of residence which he had moreover, he had done other activities than what was allowed to do under his status of residence or had tried to do those activities.
    退去強制対象者は、退去強制事由のいずれかに該当し、かつ、出国命令対象者に該当しない外国人です。
    A foreigner subject to deportation falls under any of the reasons and doesn’t fall under a foreigner subject to departure order.
    次回、私はお話しします、入国警備官による違反調査について。
    Next time, I’ll talk about investigation into violations by immigration control officers.

    1. 以下の文を整備してください。
      「退去強制対象者は、退去強制事由のいずれかに該当し、かつ、出国命令対象者に該当しない外国人です。」人は事由に該当しません。A foreigner doesn’t fall under a foreigner 違和感があります。

      A foreigner subject to deportation falls under any of the reasons and doesn’t fall under a foreigner subject to departure order.

      今回、私はお話しします、退去強制事由について、入管法24条に規定された。
      This time, I talk about the deportation reasons provided in article 24 of the act.
      入管法への著しい違反行為が、分類されています、退去強制事由として
      Seriously violating acts against the immigration controll act are classified as the reasons.
      よくある例をいくつか挙げてみます。
      I take some frequent cases of them.
      日本への不法入国。有効な旅券を所持せずに日本に入国する外国人は、不法入国者です。
      Entering Japan illegally. Foreigners who enter the country without a valid passport are illegal immigrants.
      日本への不法上陸。入国審査官から上陸の許可等を受けないで日本に上陸する外国人は、不法上陸者です。
      Landing on Japan illegally. Foreigners who land on the country without receiving a landing permission from an immigration inspectors are those who illegally land.
      不法残留。在留期間の更新又は変更を受けないで、在留期間を経過して日本に滞在する外国人は、不法残留者です。
      Overstaying in Japan. Foreigners who stays in Japan over the period of his stay without renewing or changing the period are overstayeres.
      資格外活動。これは、入管法別表第1の在留資格を有する外国人が、資格外活動許可を得ずに、収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を専ら行つていると明らかに認められる場合です。
      Activities other than that permitted under the status of residence previously granted. This is the case where it’s obviously recognized that foreigners with a status of residence of appendix table 1 of the act exclusively engage in activities related to the management of business involving income or activities for which he receives remuneration without the permission to engage in those activities.
      在留資格の取消。これは、別表第一の上欄の在留資格をもつて在留する者が、現に有する在留資格に対応する活動を行ってなかった、かつ、現に有する在留資格に基づいて許容されたこと以外の他の行動を行った又は行おうとしていたことにより、在留資格を取り消された場合です。
      Revocation of a status of residence. This is the case where a foreigner with a status of residence of appendix table 1 of the act had his status revoked on the ground that he hadn’t done his activities corresponding to the status of residence which he had, moreover, he had done other activities than what was allowed to do under his status of residence or had tried to do those activities.
      退去強制対象者は、退去強制事由のいずれかに該当し、かつ、出国命令対象者に該当しない外国人です。
      A foreigner subject to deportation falls under any of the reasons and doesn’t fall under a foreigner subject to departure order.
      次回、私はお話しします、入国警備官による違反調査について。
      Next time, I’ll talk about investigation into violations by immigration control officers.

  15. 外国人が退去強制になったと伝えるニュースを、これまでに、みなさん、聞いたことがありますか。
    Have you ever heard the news telling that foreigners were deported?
    退去強制とは、法務大臣が、退去強制令書により、外国人を、出国させることです。
    Deportation means that the minister of justice deports a foreigner by a deportation order.
    この処分は課されます、入管法に著しく違反した外国人に
    This sanction is put on a foreigner who seriously broke an immigration control act.
    外国人は日本に入国できません、5年または10年の間、退去強制させられた日から
    He can’t enter Japan for 5 or 10 years from the day he was deported.
    退去強制させられる日迄、外国人は、収容センターに、留め置かれます。
    Until the day when he is deported, he is taken into custody in an immigration detention center.
    この収容センターでは、外国人はひどい待遇を受けるので、最悪の場合、彼は、命を失うかもしれません。
    He is treated so badly there that he may lose his life in the worst case.
    入管法上、何が、退去強制理由として規定されているのかを知ることは、外国人にとって、大切なことだと思います。
    I think that it’s important for him to know what are provided as deportation reasons in an immigration control act.
    入管法24条に、退去強制事由が規定されています。
    They are provided in article 24 of the act.
    たとえもし、外国人が退去強制事由に該当しても、必ず退去強制させられるわけではありません。
    He’s not always deported, even if he conflicts with the reasons.
    外国人が入管に自首した場合などに、出国命令が交付されることがあります。
    A departure order may be issued to him in some cases where he gave himself to an immigration bureau.
    原則として、出国命令は、在留状況がそれほど悪くない者に出されます。
    In principle, the order is given to a foreigner whose circumstances of residence isn’t so bad.
    出国命令により、出国後、1年経過すれば、その外国人は、日本へ再入国できます。
    He can re-enter Japan one year after he left the country by the order.
    また、特別永住者には、入管法24条は適用されません。
    Article 24 of the act isn’t applied to a special permanent resident.
    彼らは、入管特例法22条1項により、退去強制に処されます。
    He is deported based on article 22 paragraph 1 of the special exemption law concerning the immigration control
    次回、私はお話しします、退去強制事由について、入管法24条に規定された。
    Next time, I’ll talk about the reasons provided in article 24 of the act.

    1. 外国人が退去強制になったと伝えるニュースを、これまでに、みなさん、聞いたことがありますか。
      Have you ever heard news telling that some foreigners have been deported?
      退去強制とは、法務大臣が、退去強制令書により、外国人を、出国させることです。
      Deportation means that the Minister of justice deports a foreigner by a deportation order.
      この処分は課されます、入管法に著しく違反した外国人に
      This sanction is put on a foreigner who seriously has broken an immigration control act.
      外国人は日本に入国できません、5年または10年の間、退去強制させられた日から
      He can’t reenter Japan for 5 or 10 years from the day he was deported.
      退去強制させられる日迄、外国人は、収容センターに、留め置かれます。
      Until the day when he is deported, he is taken into custody in an immigration detention center.
      この収容センターでは、外国人はひどい待遇を受けるので、最悪の場合、彼は、命を失うかもしれません。
      He is treated so badly there that he may lose his life in the worst case.
      入管法上、何が、退去強制理由として規定されているのかを知ることは、外国人にとって、大切なことだと思います。
      I think that it’s important for him to know what are provided as deportation reasons in the immigration control act.
      入管法24条に、退去強制事由が規定されています。
      They are provided in article 24 of the act.
      たとえもし、外国人が退去強制事由に該当しても、必ず退去強制させられるわけではありません。
      He’s not necessarily deported, even if he conflicts with the reasons.
      外国人が入管に自首した場合などに、出国命令が交付されることがあります。
      A departure order may be issued to him in some cases where he gave himself to the immigration bureau.
      原則として、出国命令は、在留状況がそれほど悪くない者に出されます。
      In principle, the order is given to a foreigner whose circumstances of residence isn’t so bad.
      出国命令により、出国後、1年経過すれば、その外国人は、日本へ再入国できます。
      He can re-enter Japan one year after he left the country by the order.
      また、特別永住者には、入管法24条は適用されません。
      Article 24 of the act isn’t applied to a special permanent resident.
      彼らは、入管特例法22条1項により、退去強制に処されます。
      He is deported based on article 22 paragraph 1 of the special exemption law concerning the immigration control
      次回、私はお話しします、退去強制事由について、入管法24条に規定された。
      Next time, I’ll talk about the reasons provided in article 24 of the act.

      返信

  16. 今回、私はお話しします、入管へ提出する書類について、技術、人文知識、国際業務の在留資格認定証明書を得る為に。
    I’ll talk about documents submitted to the immigration bureau for a certificate of eligibility of status of residence of Engineer/Specialist in Humanities/International Services.
    その証明書を取得する為に、入国管理局へ提出する書類は異なります、それぞれの在留資格によって。
    Documents submitted to the immigration bureau for the certificate of eligibility change depending on each status of residence.
    それらは、また、変化します、会社の規模に応じて。
    The ones also vary corresponding to a scale of a company.
    入管法上、会社の規模が、4つのカテゴリーに分類されています、1から4まで。
    On an immigration control act, scale of company is classified as four categories from 1to 4.
    それぞれの在留資格とカテゴリーに応じて、提出書類リストが定められています。
    Lists of documents to be submitted are provided in the act corresponding to each status of residence and scale of a company.
    それぞれのカテゴリは持ちます、幾つかの書類を、共通して。
    Each category has some documents in common
    カテゴリのランクが下にあるほど、より書類くの書類を、外国人は提出しなければならない、入管へ。
    The lower a category is, the more documents a foreigner must submit to the immigration bureau.
    (カテゴリー1とカテゴリー2)の企業は、上場企業や、前年分の源泉徴収税額が1500万円以上の企業です。
    Companies in category 1 or 2 are listed ones or ones whose amount of taxes withheld are more than fifteen millions yen in the previous year.
    これらのカテゴリにある会社は信頼性が高いので、入管に提出する必要書類の数が最も少ないです、4つのカテゴリの中で。
    The number of documents submitted to the immigration bureau are the least of the four categories, as the ones in these categories are reliable.
    (カテゴリ3)の企業は、前年分の源泉徴収税額が1500万円未満の企業です。
    Companies in category 3 are the ones whose amount of taxes withheld are no more than fifteen millions yen in the previous year.
    入管法上、新しく設立された会社を除けば、日本にある、ほとんどの企業が、このカテゴリに分類されます。
    On the immigration control act, most of the companies in Japan are classified as this category except one which is newly created.
    技術、人文知識、国際業務の在留資格で、このカテゴリにある企業で就労するため、入管へ提出する書類をお話しします。
    I’ll talk about documents submitted to the immigration bureau to work at a company in this category under the status of residence.
    (全てのカテゴリに共通する書類)在留資格認定証明書交付申請書、申請人の顔写真、返信用封筒(392円の切手貼付)
    (Documents in common with all categories) Application for a certificate of eligibility of status of residence, a facial photograph of the applicant, a return-mail envelope affixed with stamps worth 392 yen.
    (会社が用意する書類)登記事項証明書、定款のコピー、会社案内、直近年度の貸借対照表・損益計算書のコピー、前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表、申請理由書
    (Documents prepared by a company) Certificate of matters entered in the registry, a copy of the article, the company brochure, copies of balance sheet and profit and loss statement of the inviting organization in the previous year, legal record total table, a statement of reason for the application
    (本人に関する書類)大学又は専門学校の成績証明書、パスポートのコピー、履歴書、日本語能力を証明する書類(もし、あれば)
    (Documents related to the applicant) Transcript of his university or vocational school, a copy of his passport, a resume, a certification of Japanese language proficiency test, if any.
    (カテゴリ4)の企業は、新しく設立された会社です。
    Companies in category 4 are newly established ones.
    書類上、このカテゴリの相違点は、他のカテゴリとの、追加書類です、事業計画書等のような。
    On paper, a different point of this category from other categories is additional documents such as business plan and so on.
    このカテゴリの会社は、信頼性が高くないので、入管へ提出する必要書類の数は最も多いです、4つのカテゴリの中で。
    The number of documents submitted to the immigration bureau are the most of the four categories, as the ones in this category isn’t reliable.

    1. 日本語の意味がやや不明です。

      今回、私はお話しします、入管へ提出する書類について、技術、人文知識、国際業務の在留資格認定証明書を得る為に。
      I’ll talk about documents submitted to the immigration bureau for a certificate of eligibility of status of residence of Engineer/Specialist in Humanities/International Services.
      その証明書を取得する為に、入国管理局へ提出する書類は異なります、それぞれの在留資格によって。
      Documents submitted to the immigration bureau for the certificate of eligibility differ depending on each status of residence and the sizes of companies.

      入管法上、会社の規模が、4つのカテゴリーに分類されています、1から4まで。
      On an immigration control act, scale of company is classified into four categories from 1 to 4.
      それぞれの在留資格とカテゴリーに応じて、提出書類リストが定められています。
      Lists of documents to be submitted are provided corresponding to each status of residence and the scale of a company.
      それぞれのカテゴリは持ちます、幾つかの書類を、共通して。
      Each category has some documents in common
      カテゴリのランクが下にあるほど、より書類くの書類を、外国人は提出しなければならない、入管へ。
      The lower the status of a category is, the more documents a foreigner must submit to the immigration bureau.
      (カテゴリー1とカテゴリー2)の企業は、上場企業や、前年分の源泉徴収税額が1500万円以上の企業です。
      Companies in category 1 or 2 are listed as ones or ones whose amount of taxes withheld are more than fifteen millions yen in the previous year.
      これらのカテゴリにある会社は信頼性が高いので、入管に提出する必要書類の数が最も少ないです、4つのカテゴリの中で。
      The number of documents submitted to the immigration bureau is the smallest of the four categories, as the ones in these categories are reliable.
      (カテゴリ3)の企業は、前年分の源泉徴収税額が1500万円未満の企業です。
      Companies in category 3 are the ones whose amount of taxes withheld are no more than fifteen millions yen in the previous year.
      入管法上、新しく設立された会社を除けば、日本にある、ほとんどの企業が、このカテゴリに分類されます。
      On the immigration control act, most of the companies in Japan are classified as this category except one which is newly built.
      技術、人文知識、国際業務の在留資格で、このカテゴリにある企業で就労するため、入管へ提出する書類をお話しします。
      I’ll talk about documents submitted to the immigration bureau to work at a company in this category under the status of residence.
      (全てのカテゴリに共通する書類)在留資格認定証明書交付申請書、申請人の顔写真、返信用封筒(392円の切手貼付)
      (Documents in common with all categories) Application for a certificate of eligibility of status of residence, a facial photograph of the applicant, a return-mail envelope affixed with stamps worth 392 yen.
      (会社が用意する書類)登記事項証明書、定款のコピー、会社案内、直近年度の貸借対照表・損益計算書のコピー、前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表、申請理由書
      (Documents prepared by a company) Certificate of matters entered in the registry, a copy of the article, the company brochure, copies of balance sheet and profit and loss statement of the inviting organization in the previous year, legal record total table, a statement of reason for the application
      (本人に関する書類)大学又は専門学校の成績証明書、パスポートのコピー、履歴書、日本語能力を証明する書類(もし、あれば)
      (Documents related to the applicant) His university or vocational school transcript, a copy of his passport, a resume, a certification of Japanese language proficiency test, if any.
      (カテゴリ4)の企業は、新しく設立された会社です。
      Companies in category 4 are newly established ones.
      書類上、このカテゴリの相違点は、他のカテゴリとの、追加書類です、事業計画書等のような。
      On paper, a different point of this category from other categories is additional documents such as business plans and so on.
      このカテゴリの会社は、信頼性が高くないので、入管へ提出する必要書類の数は最も多いです、4つのカテゴリの中で。
      The number of documents submitted to the immigration bureau is the largest of the four categories, as the ones in this category aren’t reliable.

  17. 前回、私はお話ししました、技術・人文知識・国際業務の在留資格について。
    Last time, I talked about the status of residence of Engineer/Specialist in Humanities/International Services.
    本日のトピックに入る前に、今週の日曜にお話ししたことを、復習します。
    Before getting down to a today’s topic, I’ll review what I talked about this Sunday.
    2つの活動があります、その在留資格に対応する。
    There are two activities corresponding to the status of residence.
    一つは、エレクトロニクス系や機械系の技術者の仕事、あるいは、販売や貿易に関連する事務的な仕事のような、自然科学の分野または人文科学の分野に属する技術又は知識を要する業務です。
    One is services that require technology or knowledge pertinent to natural scientific fields or human science fields such as engineers’ work for electronics or mechanical systems or clerical jobs related to sales or trade.
    私はお話ししました、要件について、法務省令により要求される、その業務に従事する場合に。
    I talked about the conditions required by an ordinance of ministry of justice in the case of engaging in the services.
    今回、もう一つの業務についてお話しします。
    This time, I’ll talk about the other services.
    それは、外国の文化に基盤を有する思考または感受性を必要とする業務についてです。
    It’s about services that require ways of thinking or sensibilities based on a foreign culture.
    その業務に従事する場合、法務省令により要求される、次の2つの要件を、一人の外国人は満たさなければなりません。
    A foreigner must satisfy the following two conditons required by an ordinance of ministry of justice in the case of engaging in the services.
    ・翻訳、通訳、語学の指導、広報、宣伝又は海外取引業務、服飾若しくは室内装飾に係るデザイン、商品開発その他これらに類似する業務に、当該申請人が従事すること
    The applicant engages in translation, interpretation, language instruction, public relations, overseas transactions, fashion or interior design, product development, or other similar services.
    ・当該申請人が三年以上の実務経験を有すること、関連する業務において、次の場合を除いて、大学を卒業した申請人が、翻訳、通訳又は語学の指導に従事する。
    The applicant has at least 3 years of practical experience in the relevant services, except the case that the applicant who has graduated from university is to engage in translation, interpretation, or language instruction.
    一人の英語のネイティブスピーカー、その人は大学を卒業した、は、比較的容易に見つけることをできる、一つの仕事を、英語教師として、そして取得する、この在留資格を、他の外国人より、日本にいる。
    A native English speaker who has graduated from a university can relatively easily find a job as an English teacher and get this status of residence than other foreigners in Japan.
    業務1又は業務2に従事する当該申請人が、報酬を受けること、同じ会社の日本人が受ける報酬と同等額以上の。
    The applicant who is to engage in the services No.1 or No.2 receives no less remuneration than would a Japanese national at the same company .
    この在留資格は持ちます、在留期間を、5年、3年、1年、3か月といった。
    This status of residence has period of stay such as 5,3,1year or 3months.
    ほとんどの場合において、日本への新規入国の、 1年または3年の在留期間が認められます、 一人の外国人に。
    In most cases of newly landing on Japan, period of stay of 1or 3years is granted to a foreigner.
    次回、私はお話しします、入管へ提出すべき資料について。
    Next time, I’ll talk about documents to submit to the immigration bureau for the status of residence.

    1. today’s topic,
      Ministry of justice
      another service (other services).
      They are the ones (It is the one) that require ways of thinking or sensibilities based on a foreign culture.
      a period of stay such as 5,3,1year or 3months.

  18. 今回、私は、お話しします、技術・人文知識・国際業務の在留資格について。
    This time, I’ll talk about a status of residence of Engineer/Specialist in humanities/International Services.
    それは、その在留資格に応じた活動内容、その在留資格のために満たすべき要件、についてです。
    It’s about activities corresponding to the status of residence and conditions to satisfy for it.
    その在留資格に対応する活動は、本邦の公私の機関との契約に基づいて行う次の1または2の業務に従事する活動です。
    The activities corresponding to it are activities for a foreigner to engage in services of the following 1 or 2 conducted based on a contract with a pulbic or private organization.
    1 理学、工学、その他の自然科学の分野または法律学、経済学、社会学その他の人文科学の分野に属する技術又は知識を要する業務
    1. Services that require technology or knowledge pertinent to physical science, engineering or other natural scientific fields or jurisprudence, economics, sociology or other human science fields.
    2 外国の文化に基盤を有する思考または感受性を必要とする業務
    2. Services that require ways of thinking or sensibilities based on a foreign culture.
    以前お話ししたように、入管法別表第一の在留資格のうちの幾つかに、上陸許可基準という法務省令が適用されます。
    As I talked before, an ordinance of justice called a criteria for landing permission is applied to some of the statuses of residence of appendix table 1 of an immigration contral act.
    技術・人文知識・国際業務の在留資格に、この基準が適用されます。
    This criteria is applied to this status of residence.
    具体的には、外国人が、上記1の業務に従事する場合、次の3つの要件のうちいずれかを満たさなければなりません。
    Specifically speaking, a foreigner must satisfy any one of the following three conditions, if he engages in the above No1 services.
    ・当該申請者が、当該技術若しくは知識に関連する科目を専攻して大学を卒業し、又はこれと同等以上の教育を受けたこと
    The applicant has graduated from university, having majored in a subject relating to the skills or knowledge, or has acquired an education equivalent thereto.
    ・当該申請者が、当該技術又は知識に関連する科目を専攻して本邦の専修学校の専門課程を修了したこと。
    The applicant has completed a specialized course of study at a vocational school in Japan, having majored in a subject relating to the skills or knowledge.
    ・当該申請者が、十年以上の実務経験を有すること。
    The applicant has at least 10 years of practical experience.
    次回、私はお話しします、その要件について、要求される、上記2の業務のために
    Next time, I’ll talk about the conditions required for the No2 services.

  19. 特別永住者のための優遇措置とはどんなものですか。
    What are the special treatments for a special permanent resident?

    多くの優遇措置があります、一人の特別永住者のための。
    There are many special treatments for a special permanent resident.
    そのうちの1つが、日本に上陸するための審査の特例です。
    One of them is the special provision of examination for landing on Japan.
    その特例によると、もしあなたが、一人の特別永住者であり、再入国許可を持っていれば
    According to it, if you are a special permanent resident with a re-entry permission ,
    入国審査官はチェックするだけです、あなたのパスポートが有効であるかを、上陸の審査で
    The immigration inspectors only check if your passport is valid at the examination.
    そのほか、以下のような、優遇措置があります。
    Besides it, other special treatments are as below.
    退去強制の特例。
    Special provision of deportation.
    退去強制に関するより少ない条文が規定されています入管特例法に、入管法の中の同じ種類の条文と比較すると。
    Fewer articles related to deportation are provided in the special exemption law compared with the same kind of articles in an immigration control act.
    一人の特別永住者はより少ない機会を持ちます退去強制させられる、日本にいるほかの外国人達より。
    A special permanent resident has fewer chances to be deported than other foreigners in Japan.
    再入国許可の有効期間の特例が適用されます。
    A special provision of valid period of re-entry permission is applied.
    通常、再入国許可の有効期間は5年です。
    Usually the period of it is 5 years.
    しかし、特別永住者のための再入国許可の有効期間は6年です。
    But the period of it for a special permanent resident is 6 years.
    次は、特別永住者にとり、間接的な利点です。
    Next is an indirect advantage for a special permanent resident.
    特別永住者の配偶者や子供が永住者の在留資格を取得する場合、
    In the case a spouse or child of a special permanent resident gets the status of residence of a permanent resident,
    その在留資格のための要件が、軽減されます。
    the conditions for the status of residence are lightened.

    1. 一人の特別永住者はより少ない機会を持ちます退去強制させられる、日本に滞在しているほかの外国人達より。
      A special permanent resident has fewer chances to be deported than other foreigners residing in Japan.

      次は、特別永住者にとり、間接的な利点です。
      Next, it is an indirect advantage for a special permanent resident.
      特別永住者の配偶者や子供が永住者の在留資格を取得する場合、
      In the case the spouse or the child of a special permanent resident gets the status of residence of a permanent resident,
      その在留資格のための要件が、軽減されます。
      the conditions for the status of residence are eased.

  20. 戦前に、日本に来た朝鮮半島出身者及びその子孫は、どのような法的地位で在留しているのですか。
    Under what kind of legal status have those who came from Korean peninsula before WW2 and their descendants been residing in Japan?

    特別永住者という地位で、彼らは在留します。
    They reside under the status of residence of a special permanent resident.

    日本政府は、長い間、彼らに、特別の法的地位を与え、特別の処遇を行ってきました。
    Japanese government has given them special legal status and special treatments for a long time.

    来日の経緯や、彼らがかつて日本国籍を有していた事情を政府が、考慮してのことです。
    It’s because the government take it into consideration that the reason they came to Japan before WW2 and the fact they used to have Japanese nationality .

    平成3年に、政府は、入管特例法を施行ました、彼らに関する錯綜とした法律関係を整理するため。
    The govornment put the special exemption law concerning the immigration control in force in 1991 to organize complicated legal relationships about them.

    次回、彼らが受ける優遇待遇についてお話しします。
    Next time, I’ll talk about special treatments they have.

    1. 戦前に、日本に来た朝鮮半島出身者及びその子孫は、どのような法的地位で在留しているのですか。
      Under what kind of legal status have those who came from Korean peninsula before WW2 and their descendants been residing in Japan?

      特別永住者という地位で、彼らは在留します。
      They reside under the status of residence of a special permanent resident.

      日本政府は、長い間、彼らに、特別の法的地位を与え、特別の処遇を行ってきました。
      The Japanese government gave them special legal status and special treatments for a long time.
      (今も行っているか否かで、過去形か完了形)
      来日の経緯や、彼らがかつて日本国籍を有していた事情を政府が、考慮してのことです。
      It’s because the government took the reason they came to Japan before WW2 and the fact they used to have Japanese nationality into consideration.

      平成3年に、政府は、入管特例法を施行ました、彼らに関する錯綜とした法律関係を整理するため。
      The govornment put a special exemption law concerning the immigration control in force in 1991 to organize complicated legal relationships about them.

      次回、彼らが受ける優遇待遇についてお話しします。
      Next time, I’ll talk about special treatments they have.

  21. 現在進行形 いま、1冊の本を、私は、読んでいます。 Now, I’m reading a book.

    現在完了形 朝からずっと、その本を、私は読んでいます。Since this morning, I’ve been reading it.

    現在完了形 1度、その本を、私は読んだことがあります。 I’ve read it once.

    過去形 1週間前に、その本を、私は読みました。 I read it a week ago.

    過去完了形 それ以前に、その本を、私は読んだことがありませんでした。
    I hadn’t read it befor that time.

    仮定法過去・従属節 もし、1週間前に、その本に、私が出会っていなかったら、
    If I hadn’t come across it a week ago,

    仮定法過去・主節 いまごろ、その本を、私は読んでいなかったでしょう。
    I wouldn’t have read it around this time.
    I wouldn’t be reading it now.

  22. 再入国許可を受けていると、何が違いますか。上陸のための審査を受けるときに。
    What kind of differences are made by obtaining a re-entry permission when landing on Japan?
    日本に上陸するときに、一つの再入国許可を、あなたが持っている場合、
    In the case you have a re-entry permission when landing on Japan,
    入国審査官は、法7条1項1号及び4号に規定されていることのみ審査します。
    The immigration inspectors check only what are provided in article 7 paragraph 1 items (i) and (iv).
    つまり、彼らは、あなたの旅券および査証が有効であること、並びにあなたが上陸拒否事由に該当しているかのみを審査します。
    That is to say, they check only if your passport and visa are effective and if you fall under the reasons for denial of landing.
    あなたが申告する日本での自分の活動が偽りであるか、上陸審査基準に該当するか否か、在留期間が5年以内か否かを、彼らは審査しません。
    They don’t check if your activities in the country which you notify them of are false, if you meet the landing examination criteria, and if your period of stay is 5 years or under.
    もちろん、上陸許可の証印をしますが、あなたの在留資格及び在留期間を決定することをしません。
    Of course they affix a seal for landing permission but don’t decide your status of residence and period of stay.
    再入国許可制度は、その不便さを、回避します。
    Re-entry permission system avoids the inconvenience.

    1. 再入国許可を受けていると、何が違いますか。上陸のための審査を受けるときに。
      What differences are there between obtaining a re-entry permission and having a re-entry permission when landing on Japan?
      日本に上陸するときに、一つの再入国許可を、あなたが持っている場合、

      入国審査官は、法7条1項1号及び4号に規定されていることのみ審査します。
      The immigration inspectors check only what are provided in article 7 paragraph 1 items (i) and (iv).
      つまり、彼らは、あなたの旅券および査証が有効であること、並びにあなたが上陸拒否事由に該当しているかのみを審査します。
      That is to say, they only check if your passport and visa are effective and if you fall under the reasons for denial of landing.
      あなたが申告する日本での自分の活動が偽りであるか、上陸審査基準に該当するか否か、在留期間が5年以内か否かを、彼らは審査しません。
      They don’t check if your activities which you notify them of in the country are false, if you meet the landing examination criteria, and if your period of stay is 5 years or under.
      もちろん、上陸許可の証印をしますが、あなたの在留資格及び在留期間を決定することをしません。
      Of course they affix a seal for landing permission but don’t determine your status of residence and period of stay.
      再入国許可制度は、その不便さを、回避します。
      Re-entry permission system avoids the inconvenience.

  23. 再入国許可制度について教えてください。
    Would you tell me about re-entry permission system?

    外国人は日本に上陸する際、原則として、査証を所持しなければなりません。
    As a rule, a foreigner must have a visa when landing on Japan.
    その原則を適用することにより、日本に在留している外国人は、再度、査証を取得しなければなりません、彼が短期間、海外へ行く場合でさえ。
    A foreigner residing in the country must obtain a visa again by applying the rule, even when he goes abroad for (a) short period of time.

    しかし、もし、再入国の際に、再入国許可を所持していれば、彼は例外規定として、査証を所持する必要がありません。
    But if he has a re-entry permission when re-entering, he doesn’t have to have the the visa as (an) exeption rule.
    なぜなら、出国の際、その許可を持っていれば、他国滞在中であっても、日本に在留している間に所持していた在留資格を維持できるからです。
    Because if he has the permission when leaving the country, he can keep the status of residence which he had during his stay even while staying in another country.

    つまり、一つの在留資格を持つ外国人が、一旦出国すると、、再入国許可を持参せずに、
    That is to say, once a foreigner with a status of residence leaves without the permission,
    彼はその在留資格を失います。
    (he) loses the status of residence.
    その場合、日本に再入国するために、再度、査証を取得しなければなりません。
    In such a case, he must obtain a visa again to re-enter Japan.
    再入国許可制度は、その不便さを防ぎます。
    Re-entry permission system prevents the inconvenience.

    あなたが技能の在留資格で、日本に在留しているとします。
    Assuming that you reside in the country with a status of residence of skilled labor.
    商用で、あなたは海外へ行きました、再入国許可を持参せずに。
    You went abroad on business without the permission.
    この場合、あなたは、技能の在留資格を持つ人間として、再入国できません、なぜなら、出国時に、あなたは、その在留資格を失ったので。
    In such a case, you can’t re-enter the country as a person with a status of residence of skilled labor, because you lost the status of residence when leaving the country.

    しかし、もしあなたが、再入国許可を持参して、海外へ行っていたら、
    But if you had gone abroad with the permission,
    あなたは、査証なしで、日本に再入国できたのです。
    You could have entered the the country without a visa.
    そして、あなたは、日本に、再度、在留することをできます、技能の在留資格を維持しながら。
    And then, you can reside in Japan again keeping the status of residence of skilled labor.

    再入国許可は、有効期限を持ちます。
    A re-entry permission has a valid period.
    その有効期限内に、再入国するすることに、気をつけてください。
    Please note that you should re-enter within the valid period.

  24. 再入国許可制度について教えてください。
    原則として、一旦、外国人が、日本から出国すると、日本在留中に有していた在留資格を失います。その場合、日本に再入国するために、再度、査証を取得しなければなりません。あなたが永住者であるとします。あなたは、永住者の在留資格を取得することをできません、上陸時に。もし、あなたが、日本を出国するときに、再入国許可を持っていないと、特別永住者にも同じことが言えます。再入国許可制度は、その不便さを防ぎます。あなたが、在留資格を持って在留する外国人だとします。そして、あなたは、再入国許可を受けて出国します、仕事で。あなたは、上陸審査を、査証なしで通過し、日本に在留することをできます、出国前に有していた在留資格に基づいて。もし、あなたが、再入国すれば、日本に、その許可書の有効期間内に。

    Would you tell me (about) re-entry permission system?
    As a rule, once a foreigner leaves Japan, he loses the status of residence which he had during (their stay) in the country. In that case he must obtain a visa again to reenter the country. Assuming that you are a permanent resident(,)< .> (you) can’t obtain the status of residence when landing, if you leave the country without the permission. This is true for a special parmanet resident. Re-entry permission system prevents the inconvenience. Supposing that you are a foreigner residing under a status of residence, then you leave the country on business with the permission. You can go through the examination without a visa and reside in Japan under the status of residence which you had before leaving, if you re-enter the country within the valid period of the permission.

  25. 今年の4月に、改正入管法が施行された
    This april, the revised immigration control act was enforced.
    特定技能と呼ばれる在留資格、が作られた、入管法に
    A status of residence called “designated skilled labor” was made in the act.
    改正する前には、原則として、日本に在留し、労働できた人、日本において、は、限定されていた、大学卒業者、または、外国人などに、10年以上の実務経験を持つ、ある分野で。
    Before the revision, as a rule, those who could reside and work in Janan were ristricted to college guraduates or foreigners with over 10 years of practical experience in some fields.
    しかし、今では、その新しい在留資格のおかげで、外国人が単純労働をすることをできる、日本で。
    But now, the new status of residence enables foreigners to do manual labor in Japan.
    日本は始めた、移民を受け入れることを、この在留資格を導入することにより、という人々もいます。
    Some people say that Japan has begun to receive immigarants by introducing the status of residence.
    移民の定義は異なる 、人により。
    The definition of immigrant varies from person to person.
    移民を議論する前に、私達は定義づけるべきだ、移民という言葉を
    Before arguing immigrants, we should define the word “immigrant”.
    大まかに言って、あります、2つの典型的な定義が、国連型とアメリカ型といった
    Roughly speaking, there are two typical definitions such as united nations type and American type.
    国連による定義に従えば、移民とは人々のことです、その人々は変更しました、自分の国を、いつも住む、移住のための理由や法的地位に関係なく。
    According to the definition by united nations, an immigrant is someone who changed his or her country of usual residence, irrespective of the reason for migration or legal status.
    つまり、人々、その人たちは一つの住所を持っています、日本において、は、意味します、移民を。
    That is to say, those who have an address in Japan mean immigrants.
    アメリカによる定義に従えば、移民とは、外国人のことです、その人々は、法律的に認められています、居住することを、ある国で、永久に。
    According to the definition by America, immigrants are foreigners who are legally allowed to live in a country permanently.
    2018年の時点で、いました、永住者が、70万人以上の、日本に。
    As of 2018, there were permanent residents more than seven hundred thousand in Japan.
    それは表してます、日本はずっと移民を受け入れ続けていることを、長い間。
    It shows that Japan has kept receiving immigrants for a long time.
    しかし、日本は移民国家でない、アメリカやオーストラリアのような。
    But Japan isn’t an immigrant nation such as America or Ausralia.
    なぜなら、日本は与えないから、在留資格「永住者」を外国人に、入国時に。
    Because Japan doesn’t grant the status of residence of permanent resident to a foreigner landing on Japan.
    もし、外国人が居住したいなら、日本に、永住者として、彼は変更する必要をあります、自分の在留資格を、永住者に、ここに居住した後に、10年以上の間
    If a foreigner wants to live in Japan as a permanent resident, he needs to change the status of residence to permanent resident after living here for over 10 years.
    つまり、以前から、日本は、ずっと移民を受け入れ続けています、たとえもし、私達が採用したとしても、どちらの定義を、それらの定義のうち。
    After all, Japan has kept receiving immigrants since before, even if we take either one of those definitions.
    あなたが共有しないなら、移民の定義を、他者と、あなたは議論するだろう、無駄に。
    if you don’t share the definition of immigrant with others, you would argue in vain.

    1. 今年の4月に、改正入管法が施行された
      This april, the revised immigration control act was enforced.
      特定技能と呼ばれる在留資格、が作られた、入管法に
      A status of residence called “designated skilled labor” was added to the act.
      改正する前には、原則として、日本に在留し、労働できた人、日本において、は、限定されていた、大学卒業者、または、外国人などに、10年以上の実務経験を持つ、ある分野で。
      Before the revision, as a rule, those who could reside and work in Janan were restricted to college guraduates or foreigners with over 10 years of practical experience in some fields.
      しかし、今では、その新しい在留資格のおかげで、外国人が単純労働をすることをできる、日本で。
      But now, the new status of residence enables foreigners to do manual labor in Japan.
      日本は始めた、移民を受け入れることを、この在留資格を導入することにより、という人々もいます。
      Some people say that Japan has begun to receive immigarants by introducing the status of residence.
      移民の定義は異なる 、人により。
      The definition of immigrant varies from person to person.
      移民を議論する前に、私達は定義づけるべきだ、移民という言葉を
      Before arguing immigrants, we should define the word “immigrant”.
      大まかに言って、あります、2つの典型的な定義が、国連型とアメリカ型といった
      Roughly speaking, there are two typical definitions such as the United Nations type and the American type.
      国連による定義に従えば、移民とは人々のことです、その人々は変更しました、自分の国を、いつも住む、移住のための理由や法的地位に関係なく。
      According to the definition by Nnited Nations, an immigrant is someone who changed his or her country of usual residence to another one, irrespective of the reason for migration or legal status.
      つまり、人々、その人たちは一つの住所を持っています、日本において、は、意味します、移民を。
      That is to say, those who have an address in Japan are immigrants.
      アメリカによる定義に従えば、移民とは、外国人のことです、その人々は、法律的に認められています、居住することを、ある国で、永久に。
      According to the definition by America, immigrants are foreigners who are legally allowed to live in a foreign country permanently.
      2018年の時点で、いました、永住者が、70万人以上の、日本に。
      As of 2018, there were over seven hundred thousand permanent residents in Japan.
      それは表してます、日本はずっと移民を受け入れ続けていることを、長い間。
      It shows that Japan has kept receiving immigrants for a long time.
      しかし、日本は移民国家でない、アメリカやオーストラリアのような。
      But Japan isn’t an immigrant nation such as America or Ausralia.
      なぜなら、日本は与えないから、在留資格「永住者」を外国人に、入国時に。
      Because Japan doesn’t grant the status of residence of permanent resident to a foreigner when landing on Japan.
      もし、外国人が居住したいなら、日本に、永住者として、彼は変更する必要をあります、自分の在留資格を、永住者に、ここに居住した後に、10年以上の間
      If a foreigner wants to live in Japan as a permanent resident, he needs to change the status of residence to permanent resident after having lived here for over 10 years.
      つまり、以前から、日本は、ずっと移民を受け入れ続けています、たとえもし、私達が採用したとしても、どちらの定義を、それらの定義のうち。
      After all, Japan has kept receiving immigrants since long before, even if we take either one of those definitions.
      あなたが共有しないなら、移民の定義を、他者と、あなたは議論するだろう、無駄に。
      If you don’t share the definition of immigrant with others, you would argue in vain.

  26. どのような場合に、一人の外国人は、取得しないといけないですか、資格外活動許可を
    In what situation does a foreigner have to obtain a permission to engage in activities other than that permitted under the status of residence previously granted?

    外国人、その外国人は在留する、一つの在留資格の下で、別表第二のうちの、が、対象です、その許可の
    Foreigners who reside under a status of residence of appendix table 1 are subject to the permission.
    活動に加えて、すでに与えられた在留資格に基づく
    In addition to activities permitted under the status of residence previously granted,
    もし、外国人がその他の活動をしたいのなら、関連した、収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動に
    if they want to do other activities related to the management of business involving income or activities for which they receive remuneration,
    外国人は取得しなければならない、資格外活動許可を、その活動をする前に、以下の場合を除いて、のような、業として行うものではない講演に対する謝金、日常生活に伴う臨時の報酬その他の報酬、法務省令で定める。
    they must obtain the permission before doing them except for the following cases such as rewards for lectures not given on a regular basis, incidental remuneration received in the course of everyday life and other remuneration provided for by Ministry of Justice .

    1. どのような場合に、一人の外国人は、取得しないといけないですか、資格外活動許可を
      In what situation does a foreigner have to obtain a permission to engage in activities other than that permitted under the status of residence previously granted?

      外国人、その外国人は在留する、一つの在留資格の下で、別表第二のうちの、が、対象です、その許可の
      Foreigners who reside under a status of residence of appendix table 1 are subject to the permission.
      活動に加えて、すでに与えられた在留資格に基づく
      In addition to activities permitted under the status of residence previously granted,
      もし、外国人がその他の活動をしたいのなら、関連した、収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動に
      if they want to do other activities related to the management of business involving income(s) or activities for which they receive remuneration,
      外国人は取得しなければならない、資格外活動許可を、その活動をする前に、以下の場合を除いて、のような、業として行うものではない講演に対する謝金、日常生活に伴う臨時の報酬その他の報酬、法務省令で定める。
      they must obtain the permission before (starting) them except for the following cases such as rewards for lectures not given on a regular basis, incidental remuneration received in the course of everyday life and other remuneration provided by Ministry of Justice .

  27. もし、できれば、将来、日本で、永住したいと考えています。日本には、永住制度がありますか。
    If possible, I want to live in Japan as a permanent resident in the future. Is there permanent residency system in the country?
    はい、あります。    
    Yes, there is.
    永住者の在留資格は、分類されます、別表第二に、入管法の。
    The status of residence of permanent resident is classified as appendix table 2 of the immigration control act.
    あなたは在留できます、日本に、永住者として、もし、あなたが満たせば、要件を、そのための
    You can reside in Japan as a permanet resident, if you satisfy the conditions for it.
    しかし、それは容易ではないです。
    But it’s not easy.
    要件のうちの一つは、that以下です、あなたは居住していなければならない、この国に、少なくとも、10年以上の間
    One of them is that you have lived in the country at least for more than 10 years.
    それは意味します、that以下を、あなたは変えることを必要とします、自分の在留資格を、永住者に、ここに住んだ後、10年以上の間
    It means that you need to change your status of residence to permanent resident after living here for over 10 years.
    あなたは、住み始めることを出来ません、永住者の在留資格でもって、日本に上陸後すぐ
    You cannot begin to live with the status of residence of permanent resident soon after landing on Japan.
    なぜなら、日本は持ちません、同じ種類の移民制度を、アメリカが持つような
    Because Japan does’t have the same kind of immigration system as America has.
    一旦、あなたが取得すれば、永住者の在留資格を、あなたは持つことをできます、幾つかの利点を
    Once you get the status of residence, you can have some advantages.
    原則として、一人の外国人は、在留できません、この国に、5年以上の間、長くとも
    As a rule, a foreigner can’t reside in the country for over 5 years at the longest.
    しかし、例外として、この規則の、あなたは、在留できます、5年以上の間
    But as an exception to this rule, you can do.
    これは意味します、that以下を、あなたは出頭しなくてもいいです、入管に、在留期間更新のため、3年または5年に1度
    This means that you don’t have to go to the immigration bureau for extention of period of stay once in 3 or 5 years.
    あなたは、省略できます、自分の時間とお金を
    You can save your time and money.
    この例外規定は適用されます、人々に、その人は在留します、在留資格の下、外交、公用や高度専門職の
    This exceptional rule is applied to those who reside under the status of residence of diplomat, official or highly skilled professional, etc.
    つまり、人々、あなたの周りの、銀行員や不動産業者、やそのような人たち、が、信頼するでしょう、あなたのことを
    That is to say, people (those who are) around you such as banker(s), real estate broker(s), or someone like (them) will trust you.
    あなたはお金を借りることを出来ます、銀行から、また、ローンを組むことを、高価なものを買うために、容易に、比較すると、他の外国人と
    You can borrow money from
    bank(s) or receive a loan to buy something expensive easily compared with other foreigners.
    なぜなら、あなたは居住できるからです、安定して、この国に、永住者として
    Because you can live stably in this country as a permanent resident.

  28. 今回、在留資格の変更についてお話しします
    This time, I’ll talk about change of status of residence.
    以前お話ししたように、原則として、一つの在留資格を持つ一人の外国人は、活動することをできます、活動の範囲内で、その在留資格に対応する。
    As I talked before, as a rule, a foreigner with a status of residence can do activities within the scope of them corresponding to the status of residence.
    あなたがやりたい場合、その他の活動を、活動範囲外の、あなたは持ちます、2つの選択肢を、その為の
    In the case you want to do other activities outside the scope of them, you have two options for it.
    1つは、資格外活動許可を得る、
    One is getting a permission to engage in activity other than that permitted under the status of residence previouly granted.
    もう1つは、that以下です、あなたは変更します、ご自分の在留資格を、他の在留資格に
    The other is that you change your status of residence to another one.
    たとえもし、あなたが、取得しても、資格外活動許可を、あなたは働くことを出来ません、週28時間を超えて
    Even if you get the permission, you can’t work over 28 hours per week.
    つまり、あなたは行うことを出来ます、その他の活動を、活動範囲外の、それが阻害しない限り、あなたが、活動をするのを、現に有する在留資格に対応する
    In another words, you can do other activities outside the scope of them as long as it doesn’t prevent you from doing the activities corresponding to the status of residence which you currently have.
    もし、あなたが変更したいなら、自分の在留資格を、他の在留資格に、あなたは必要です、申請をすることを、在留資格変更のための
    If you want to change your status of residence to another one, you need to make an application for change of status of residence.
    仮定してみます、that以下であると、あなたが在留すると、報道の在留資格の下で
    Assuming that you reside under the status of residence of journalist.
    この場合、活動、あなたが行うことをできる、は、取材、その他の報道上の活動です、行われる、外国の報道機関との契約に基づいて
    In this case, the activities that you can do are news coverage and other journalistic activities conducted based on a contract with foreign journalistic organization.
    万一、あなたが、働くことを希望する場合、通訳として、ある会社で
    In case you want to work as an interpreter at a company,
    あなたは働くことを出来る、通訳として、その会社で、週28時間まで、もし、あなたが取得すれば、資格外活動許可を
    You can do at the company up to 28 hours per week, if you get the permission to engage in activity other than that permitted under the status of residence previously granted.
    しかし、もし、あなたが、望むのであれば、転職をして、そして、働くことを、通訳として、あなたは申請しないといけない、在留資格変更のための
    But if you want to change your jobs and work as an interpreter, you have to make an application for change of status of residence.
    次回、私は話します、在留資格変更の為のガイドラインについて。
    Next time, I’ll talk about a guideline for change of status of residence.

    1. 今回、在留資格の変更についてお話しします
      This time, I’ll talk about the change of status of residence.
      以前お話ししたように、原則として、一つの在留資格を持つ一人の外国人は、活動することをできます、活動の範囲内で、その在留資格に対応する。
      As I talked before, as a rule, a foreigner with a status of residence can do activities within the scope of them corresponding to the status of residence.
      あなたがやりたい場合、その他の活動を、活動範囲外の、あなたは持ちます、2つの選択肢を、その為の
      In the case, you want to do other activities outside the scope of them, you have two options for it.
      1つは、資格外活動許可を得る、
      One is to get the permission to engage in activity other than that permitted under the status of residence previouly granted.
      もう1つは、that以下です、あなたは変更します、ご自分の在留資格を、他の在留資格に
      The other is that you change your status of residence to another one.
      たとえもし、あなたが、取得しても、資格外活動許可を、あなたは働くことを出来ません、週28時間を超えて
      Even if you get the permission, you can’t work over 28 hours per week.
      つまり、あなたは行うことを出来ます、その他の活動を、活動範囲外の、それが阻害しない限り、あなたが、活動をするのを、現に有する在留資格に対応する(?????)
      That is to say, you can do other activities outside the scope of them as long as it doesn’t prevent you from doing the activities corresponding to the status of residence which you currently have.
      もし、あなたが変更したいなら、自分の在留資格を、他の在留資格に、あなたは必要です、申請をすることを、在留資格変更のための
      If you want to change your status of residence to another one, you need to make an application for change of status of residence.
      仮定してみます、that以下であると、あなたが在留すると、報道の在留資格の下で
      Assuming that you reside under the status of residence of journalist.
      この場合、活動、あなたが行うことをできる、は、取材、その他の報道上の活動です、行われる、外国の報道機関との契約に基づいて
      In this case, the activities that you can do are news coverage and other journalistic activities conducted based on a contract with foreign journalistic organization.
      万一、あなたが、働くことを希望する場合、通訳として、ある会社で
      In case you want to work as an interpreter at a company,
      あなたは働くことを出来る、通訳として、その会社で、週28時間まで、もし、あなたが取得すれば、資格外活動許可を
      You can do at the company up to 28 hours per week, if you get the permission to engage in activity other than that permitted under the status of residence previously granted.
      しかし、もし、あなたが、望むのであれば、転職をして、そして、働くことを、通訳として、あなたは申請しないといけない、在留資格変更のための
      But if you want to change your jobs and work as an interpreter, you have to make an application for change of status of residence.
      次回、私は話します、在留資格変更の為のガイドラインについて。
      Next time, I’ll talk about a guideline for change of status of residence.

  29. 今回、私はお話しします、いかに大切か、パスポートと在留カードの両方が、外国人にとって、日本に在留する。
    This time I talk about how important both a passport and a resident card are for foreigners residing in Japan.
    数年前、私は働いていました、とある行政書士事務所で、行政書士として、半年間。
    Several years ago, I was working at an administrative scrivener’s office as an administrative scrivener for half a year.
    その事務所は特化してます、扱うことに、在留資格のための申請を、外国人が、在留するための、日本に。
    The office specializes in dealing with making applications for status of residence for foreigners to reside in Japan.
    その事務所の顧客の大部分が、人々です、高額所得者層の、欧米出身の。
    Most of the customers of the office are people in the higher income brackets from Western countries.
    当時、私は行きました、東京入国管理局へ、お台場にある、毎日、申請書類を提出するために、外国人の顧客のため。
    In those days, I went to the Tokyo immigration bureau in Odaiba every day to submit application documents for foreign clients.
    私は、持ち歩きました、外国人顧客のパスポートと在留カードを、申請書類と一緒に。
    I carried passports and resident cards of them with those documents.
    私達は、提示する必要があります、外国人のパスポートと在留カードを、入管で。
    We need to present them at the immigration bureau.
    私は見ました、様々な国々の沢山のパスポートを、アメリカ、イギリス、カナダなどのような。
    I saw many passports of various countries such as America, England, or Canada etc.
    ある日私の上司が言いました、私に。
    One day, my boss said to me,
    入管で、あるアメリカ人に、付き添ってあげなさい。彼は、忘れた、在留期間更新許可申請をするのを、なぜなら、彼は、仕事で忙しかったから。
    I attend an American at the bureau. He forgot to make an application for extention of period of stay, because he was busy with work.’
    私は、会いました、彼に、入管で。
    I met him there.
    約1週間が経過していました、彼の滞在期間満了日から。
    About a week had passed since the expiration date of his stay.
    私は、いまだに、覚えています、彼がもの凄く、しょんぼりしていたのを。
    I still remember he was so deflated.
    なぜなら、厳密には、入管法上、彼は不法滞在者だったからです。
    Because strictly speaking he was an illegal overstayer on the immigration control act.
    最悪の場合、不法滞在により、彼は退去強制させられることがあります、日本から
    In the worst case, he may be deported from Japan on a charge of illegal stay.
    通常より時間がかかりましたが、1枚余分に書類を提出した後、彼は、在留期間更新許可申請をすることをできました。
    It took us longer time than usual. But after submitting an additional paper, he could do it.
    その事務所に、ドイツ人のスタッファーがいました。
    There was a German staffer at the office.
    時々、彼が言いました、私に。日本にいる外国人にとって、大切なものが3つある。それらは、命、お金、パスポートだよ。
    Someties he said to me, there were three important things for a foreigner staying in Japan. They were life, money, and a passport.
    私は持ち歩いていたにもかかわらず、彼にとって3番目に大切なものを、毎日。
    Although I carried the third-most important thing for him every day,
    私は実感することをできませんでした、それらがいかに大切かを、彼と同じくらいに。
    I couldn’t realize how important it was as much as he did.

    1. 今回、私はお話しします、いかに大切か、パスポートと在留カードの両方が、外国人にとって、日本に在留する。
      This time I talk about how important both a passport and a resident card are for foreigners residing in Japan.
      数年前、私は働いていました、とある行政書士事務所で、行政書士として、半年間。
      Several years ago, I was working at an administrative scrivener’s office as an administrative scrivener for half a year.
      その事務所は特化してます、扱うことに、在留資格のための申請を、外国人が、在留するための、日本に。
      The office specializes in dealing with making applications for status of residence for foreigners to reside in Japan.
      その事務所の顧客の大部分が、人々です、高額所得者層の、欧米出身の。
      Most of our customers were people in the high income bracket from Western countries.
      当時、私は行きました、東京入国管理局へ、お台場にある、毎日、申請書類を提出するために、外国人の顧客のため。
      In those days, I went to the Tokyo Immigration Bureau in Odaiba every day to submit application documents for foreign clients.
      私は、持ち歩きました、外国人顧客のパスポートと在留カードを、申請書類と一緒に。
      I carried their passports and resident cards with those documents.
      私達は、提示する必要があります、外国人のパスポートと在留カードを、入管で。
      We need to present applicant’s passports and resident cards to them at the immigration bureau.
      私は見ました、様々な国々の沢山のパスポートを、アメリカ、イギリス、カナダなどのような。
      I saw many passports of various countries such as America, England, or Canada etc.
      ある日私の上司が言いました、私に。
      One day my boss said to me,
      入管で、あるアメリカ人に、付き添ってあげなさい。彼は、忘れた、在留期間更新許可申請をするのを、なぜなら、彼は、仕事で忙しかったから。
      ‘You are going to be with an American guy at the bureau. He forgot to make an application for extention of period of stay because he was busy with work.’
      私は、会いました、彼に、入管で。
      I met him there.
      約1週間が経過していました、彼の滞在期間満了日から。
      About a week had passed since the expiration date of his stay.
      私は、いまだに、覚えています、彼がもの凄く、しょんぼりしていたのを。
      I still remember he was so deflated.
      なぜなら、厳密には、入管法上、彼は不法滞在者だったからです。
      Because strictly speaking he was an illegal overstayer on the immigration control act.
      最悪の場合、不法滞在により、彼は退去強制させられることがあります、日本から
      In the worst case, he could be deported from Japan on a charge of illegal stay.
      通常より時間がかかりましたが、1枚余分に書類を提出した後、彼は、在留期間更新許可申請をすることをできました。
      It took us longer than usual. But after submitting an additional paper, we were able to make it.
      その事務所に、ドイツ人のスタッファーがいました。
      There was a German staffer at the office.
      時々、彼が言いました、私に。日本にいる外国人にとって、大切なものが3つある。それらは、命、お金、パスポートだよ。
      Someties he said to me there were three important things for a foreigner staying in Japan. They were life, money and a passport.
      私は持ち歩いていたにもかかわらず、彼にとって3番目に大切なものを、毎日。
      Although I carried one of the most important things for him every day,
      私は実感することをできませんでした、それらがいかに大切かを、彼と同じくらいに。
      I couldn’t realize how important it was as much as he couldn’t.

  30. 今回、私はお話しします、資格外活動許可について。
    This time I talk about the permission to engage in activity other than that permitted under the status of residence previously granted.
    原則として、在留資格を持つ外国人は、活動することをできます、その在留資格に対応する活動の範囲内で。
    As a rule, a foreigner with a status of residence can do activity within the scope of activity corresponding to the status of residence.
    しかし、その外国人が、資格外活動許可を取得すれば、彼は活動をすることをできます、その在留資格に対応する活動の範囲外で。
    But if the foreigner obtain the permission, he can do activity outside the scope of activity corresponding to the status of residence.
    入管法により、在留資格は2つのグループに分類されます。
    According to the immigration control act, the status of residence is classified into 2 groupes.
    一つは、別表第一、もう一つは別表第二。
    One is appendix table one, the other is appendix table two.
    別表第二の在留資格は、成り立っています、一定の身分に関連する在留資格から、定住者や日本人の配偶者等といった。
    The statuses of residence of appendix table two consist of a status of residence related to a status such as long-term-resident or spouse or child of Japanese person.
    この種類の在留資格を持つ外国人は、従事できます、どの様なタイプの仕事にも。
    The foreigners with this kind of status of residence may engage in any type of job.
    別表第一の在留資格は、主に成り立っています、就労の為の在留資格から、経営管理や技術・人文知識・国際業務などといった。
    The statuses of residence of appendix table one mainly consist of a status of residence for working such as business manager or engineer, specialist in humanities, or international services.
    さらに、別表第一の在留資格は、2つのグループに分類されます、仕事に従事できるか又はできないかという点から
    Moreover, the statuses of residence of appendix table one is classified into two groupes in terms of being able to work or not.
    通常、一人の外国人、在留している、家族滞在の在留資格で、は、働くことをできません。
    Usually a foreigner residing under the status of residence of dependant cannot work.
    しかし、もしその外国人が、その許可を取得すれば、彼は、働けます。
    But if the foreigner obtain the permission, he can work.
    同様に、中国人、一人の料理人として働く、技能の在留資格の下で、は、働けます、中国語教師として、その許可を持てば
    In the same way a chinese working as a cook under the status of residence of skilled labor can work as a Chinese teacher with the permission.
    その場合であっても、その外国人は、就労することを出来ません、週28時間を超えて、入管法により。
    Even in that case, the foreigner cannot work beyond 28 hours per week according to the immigration control act.
    これは一つの政府の政策です、外国人が、仕事を奪わないようにする、日本人から
    This is a policy for a foreigner not to take a job from japanese.
    実際には、多くの外国人がいます、その人は、働きます、週に28時間を超えて、資格外活動許可を所持して。
    In reality there are many foreigners who work beyond 28 hours per week with the permission.
    その違反が、引き起こすことがあります、その却下を、あなたの申請の、在留期間の更新の為の、次回。
    The violation may cause the rejection of your application for extention of period of stay next time.
    最悪の場合、その外国人は、刑法により罰せられ、そして、日本から退去強制させられることがあります。
    In the worst case the foreigner may be punished by the criminal law and deported from Japan.
    私は聞きました、一つの講義を、元入国審査官の方による、昨年。
    I listened to a lecture by an ex-immigration inspector last year.
    その方は言いました、「様々な人が、密告する、入管に、不法就労について」と。
    He said that different kinds of people tip off the bureau about illegal work.

    1. 今回、私はお話しします、資格外活動許可について。
      This time I talk about the permission to engage in activities other than that permitted under the status of residence previously granted.
      原則として、在留資格を持つ外国人は、活動することをできます、その在留資格に対応する活動の範囲内で。
      As a rule, a foreigner with a status of residence can do activities within the scope of them corresponding to the status of residence.
      しかし、その外国人が、資格外活動許可を取得すれば、彼は活動をすることをできます、その在留資格に対応する活動の範囲外で。
      But if the foreigner obtain the permission, he can do other activities outside the scope of them corresponding to the status of residence.
      入管法により、在留資格は2つのグループに分類されます。
      According to the immigration control act, the status of residence is classified into 2 groupes.
      一つは、別表第一、もう一つは別表第二。
      One is appendix table 1, the other is appendix table 2.
      別表第二の在留資格は、成り立っています、一定の身分に関連する在留資格から、定住者や日本人の配偶者等といった。
      The statuses of residence of appendix table 2 consist of a status of residence related to that such as a long-term resident or a spouse or child of a Japanese person.
      この種類の在留資格を持つ外国人は、従事できます、どの様なタイプの仕事にも。
      The foreigners with this kind of status of residence may engage in any type of job.
      別表第一の在留資格は、主に成り立っています、就労の為の在留資格から、経営管理や技術・人文知識・国際業務などといった。
      The statuses of residence of appendix table 1 mainly consist of a status of residence for working such as a business manager or a engineer, a specialist in humanities, or international services.
      さらに、別表第一の在留資格は、2つのグループに分類されます、仕事に従事できるか又はできないかという点から
      Moreover, the statuses of residence of appendix table 1 is classified into two groups in terms of being able to engage in a job or not.
      通常、一人の外国人、在留している、家族滞在の在留資格で、は、働くことをできません。
      Usually a foreigner residing under the status of residence of dependant cannot work.
      しかし、もしその外国人が、その許可を取得すれば、彼は、働けます。
      But if the foreigner obtain the permission, he can.
      同様に、中国人、一人の料理人として働く、技能の在留資格の下で、は、働けます、中国語教師として、その許可を持てば
      In the same way, a Chinese working as a cook under the status of residence of skilled labor can work as a Chinese teacher with the permission.
      その場合であっても、その外国人は、就労することを出来ません、週28時間を超えて、入管法により。
      Even in that case, the foreigner cannot work beyond 28 hours per week according to the immigration control act.
      これは一つの政府の政策です、外国人が、仕事を奪わないようにする、日本人から
      This is a policy against foreigners not to take a job away from Japanese people.
      実際には、多くの外国人がいます、その人は、働きます、週に28時間を超えて、資格外活動許可を所持して。
      In reality there are many foreigners who work beyond 28 hours per week with the permission.
      その違反が、引き起こすことがあります、その却下を、あなたの申請の、在留期間の更新の為の、次回。
      The violation may reject your application for extention of period of stay next time.
      最悪の場合、その外国人は、刑法により罰せられ、そして、日本から退去強制させられることがあります。
      In the worst case the foreigner may be punished by the criminal law and deported from Japan.
      私は聞きました、一つの講義を、元入国審査官の方による、昨年。
      I listened to a lecture by an ex-immigration inspector last year.
      その方は言いました、「様々な人が、密告する、入管に、不法就労について」と。
      He said that many people tip the bureau off about illegal work.

  31. 今回、私はお話しします、1枚の在留カードについて。
    This time I’ll talk about a resident card.
    入国審査官が交付します、一枚の在留カードを、あなたに、証印をした後、上陸許可の、あなたのパスポートに
    The immigraton inspectors issue a resident card to you after affixing a seal of landing permission on your passport.
    それは、1つの免許証サイズのプラスチックのカードです。
    It’s a driving license sized plastic card.
    それは交付されます、中長期在留者に。
    It’s is issued to a mid to long term resident.
    中長期在留者は意味します、人々を、その人々は当てはまりません、以下の者たちには。
    Mid to long term residents mean those who don’t fall under the following persons.
    あるタイプの人、その人は与えられました、在留期間を、3か月以下の。あるタイプの人、その人は与えられました、在留資格を、短期滞在の。
    A person who has been granted a period of stay of not more than 3 months, a person who has been granted the status of residence of “Temporary Visitor”
    あるタイプの人、その人は与えられました、在留資格を、外交・公用の。
    A person who has been granted the status of residence of “Diplomat” or “Official”
    在留資格、短期滞在は、与えられます、次の目的の為に、観光、親族訪問、出席すること会議になど。
    The status of residence of temporary visitor is granted for the purpose of sightseeing, visiting relatives, or participating in meetings etc.
    以下の項目が表示されます、その(在留)カードに。一つの顔写真、本人の、氏名、性別、国籍、在留資格、在留期間など。
    The following items are shown in the card. A facial photograph of the person, name, sex, nationality, status of residence, and period of stay etc.
    それは、一種の身分証明書です。
    It’s a kind of ID card.
    あなたは携帯しなければなりません、あなたのパスポートを、あなたとともに、いつも、次の場合を除いて、あなたが携帯する、在留カードを、あなたとともに。
    You must carry your passport with you all the time except the case you do the card with you.
    次の場合には、一人の警察官が要求する、あなたに、提示しなさいあなたの在留カードをと、あなたは提示しなければなりません、それを
    In the case a police officer requests you to show your card, you must present it.
    もし、あなたが、16歳未満であれば
    If you’re under sixteen,
    あなたの顔写真は表示されません、あなたの在留カードに。
    Your facial photograph isn’t shown in your card.
    あなたは携帯する必要はありません、それ(在留カード)を、あなたとともに、常に。
    You don’t have to carry it with you all the time.

    1. 今回、私はお話しします、1枚の在留カードについて。
      This time I’ll talk about a resident card.
      入国審査官が交付します、一枚の在留カードを、あなたに、証印をした後、上陸許可の、あなたのパスポートに
      The immigration inspectors issue a resident card to you after affixing a seal of landing permission on your passport.
      それは、1つの免許証サイズのプラスチックのカードです。
      It’s a driving-license-size plastic card.
      それは交付されます、中長期在留者に。
      It’s issued to a mid-to-long term resident.
      中長期在留者は意味します、人々を、その人々は当てはまりません、以下の者たちには。
      Mid-to-long term residents refer to those who don’t fall under the following persons.
      あるタイプの人、その人は与えられました、在留期間を、3か月以下の。あるタイプの人、その人は与えられました、在留資格を、短期滞在の。
      A person who has been granted a period of stay of not longer than 3 months, a person who has been granted the status of residence of “Temporary Visitor”
      あるタイプの人、その人は与えられました、在留資格を、外交・公用の。
      A person who has been granted the status of residence of “Diplomat” or “Official”
      在留資格、短期滞在は、与えられます、次の目的の為に、観光、親族訪問、出席すること会議になど。
      The status of residence of temporary visitor is granted for the purpose of sightseeing, visiting relatives, or participating in meetings etc.
      以下の項目が表示されます、その(在留)カードに。一つの顔写真、本人の、氏名、性別、国籍、在留資格、在留期間など。
      The following items are shown on the card. A facial photograph, name, sex, nationality of the person, status of residence, and period of stay etc.
      それは、一種の身分証明書です。
      It’s a kind of ID card.
      あなたは携帯しなければなりません、あなたのパスポートを、あなたとともに、いつも、次の場合を除いて(??)、あなたが携帯する、在留カードを、あなたとともに。
      You must carry your passport with you as well as the card all the time except the following case.
      次の場合には、一人の警察官が要求する、あなたに、提示しなさいあなたの在留カードをと、あなたは提示しなければなりません、それを
      A police officer requests you to show your card.
      もし、あなたが、16歳未満であれば
      If you’re under sixteen,
      あなたの顔写真は表示されません、あなたの在留カードに。
      Your facial photograph isn’t need to be on your card.
      あなたは携帯する必要はありません、それ(在留カード)を、あなたとともに、常に。
      You don’t have to carry it with you all the time.

  32. There are many English conversation schools around us and a lot of people are studying it there.
    Japanese people who were born and brought up in western culture naturally memorize more English words than we probably think we do without knowing it.
    And we are using them in our daily life.
    It’s said that we know as much as 2000 English words on average.
    But why do we think that we should go to English conversation schools in spite of the fact that we know so many English words.
    Is it because we don’t have experience and custom of speaking in English?
    But the number of people who have the experience but can’t speak English as they wish isn’t small.
    And we read reviews on the internet about English conversation schools, then find that many people leave critical comments on the schools they went to.
    Is the way those schools teach English is bad or should the learners be to blame?
    We should get a result to some extent if we study following a rule even if the rule isn’t perfect.
    Nervertheless, there are many people who can’t get nowhere after all.

    There are many English conversation classes around us and a lot of people are studying it there.
    Japanese who were born and brought up in western culture memorize English words more than we probably think we do without knowing it.
    And we are using them in our daily life.
    It’s said that on average we know them as much as 2000 of them.
    But why do we think that we should go to English conversation schools in spite of the fact that we know so many English words.
    Is it because we don’t have experiences and customs of speaking in English?
    But the number of people who can’t speak English well isn’t small even among those who have an experience of it.
    And we read the review on internet about English conversation schools, then find that many people leave critical comments on the schools they went to in it.
    Is it because the way those schools teach English is bad or the learners are to blame?
    We should get a result to some extent if we study following a rule, even if the rule isn’t perfect.
    Nervertheless, there are many people who can’t get the result.

  33. どのような条件を、外国人は満たす必要がありますか、日本に在留するために。
    What kind of conditions do a foreigner need to satisfy to reside in Japan?
    入管法により、あなたは、在留するしなければなりません、在留資格をもって。
    According to the act, you must reside with a status of residence.
    通常、在留資格は、あなたに与えられます、上陸のための審査を通過した後、空港で。
    Usually a status of residence is granted to you after passing the examination for landing on Japan at an airport.
    あなたは在留できます日本に、与えられた在留資格の活動範囲内で。
    You can reside in Japan within the scope of activity of the status of residence granted to you.
    そのルールを破ると、重大な問題を引き起こします、在留資格の取消しなどの、入国審査官による。
    Breaking the rule causes serious problems such as revocation of your status of residence by the immigration inspectors.
    仮にあなたが在留するとします、いわゆる就労ビザで。
    Assuming that you reside with a so-called working visa.
    もしあなたが、活動を行っておらず、現在所持する在留資格に対応する
    If you don’t do your activity corresponding to the status of residence which you currently have
    かつ、あなたが、他の行動を行い、あなたの在留資格の下に許可されたこと以外の、またはそういったことを行おうとしていると
    moreover, you do other activities than what is allowed to do under your status of residence or try to do those activities.
    もしあなたが在留すると、あなたに与えられた在留資格に対応する活動を行わないで、、継続して3か月以上。
    If you reside without doing activity corresponding to the status of residence granted to you for more than 3 months continuosly.
    仮定してみます、あなたが結婚してると日本人と、そして在留すると、日本人の配偶者等の在留資格で。
    Assuming that you are married to a Japanese person and reside with the status of residence of spouse or child of Japanese person.
    もしあなたが在留すると、活動を行わないで、配偶者の身分を有する者としての、6か月以上継続して。
    If you reside without engaging in activities as a person with the status of a spouse for more than 6 months continuously.
    法務大臣は、あなたの在留資格を取り消せます、上記の場合。
    The misister of justice may revoke your status of residence in the above cases.
    つまり、あなたの活動が、現に有する在留資格の活動範囲内での、条件です、継続して在留するための。
    In a nutshell, your activity within the scope of the status of residendce which you currently have is the condition to reside continuously.
    万一、あなたがほかの活動を希望するなら、与えられた在留資格の下で許容された活動以外の、
    In case that you want to do other activity than that permitted under the status of residence granted,
    あなたは取得しなければなりません、そうするための許可を、またはあなたの在留資格を変更しなければなりません、ほかの在留資格に。
    You must obtain the permissioin to do so or change your status of residence to another one.
    前者は資格外活動許可と言われます。
    The former is called permission to engage in activity other than that permitted under the status of residence previously granted.
    後者は在留資格の変更許可と言われます。
    The latter is called permission to change your status of residence.

    1. どのような条件を、外国人は満たす必要がありますか、日本に在留するために。
      What kind of conditions does a foreigner need to satisfy to reside in Japan?
      入管法により、あなたは、在留するしなければなりません、在留資格をもって。
      According to the act, you must reside with a status of residence.
      通常、在留資格は、あなたに与えられます、上陸のための審査を通過した後、空港で。
      Usually a status of residence is granted to you after passing the examination at an airport for landing on Japan.
      あなたは在留できます日本に、与えられた在留資格の活動範囲内で。
      You can reside in Japan within the scope of activity of the status of residence granted to you.
      そのルールを破ると、重大な問題を引き起こします、在留資格の取消しなどの、入国審査官による。
      Breaking the rule causes serious problems such as revocation of your status of residence by the immigration inspectors.
      仮にあなたが在留するとします、いわゆる就労ビザで。
      Assuming that you reside on a so-called working visa.
      もしあなたが、活動を行っておらず、現在所持する在留資格に対応する
      If you don’t do your activity according to the status of residence which you currently have
      かつ、あなたが、他の行動を行い、あなたの在留資格の下に許可されたこと以外の、またはそういったことを行おうとしていると
      moreover, you do other activities than what is allowed to do under your status of residence or try to do those activities.
      もしあなたが在留すると、あなたに与えられた在留資格に対応する活動を行わないで、、継続して3か月以上。
      If you reside without doing activity according to the status of residence granted to you for more than 3 months continuosly.
      仮定してみます、あなたが結婚してると日本人と、そして在留すると、日本人の配偶者等の在留資格で。
      Assuming that you are married to a Japanese person and reside with the status of residence of spouse or child of Japanese person.
      もしあなたが在留すると、活動を行わないで、配偶者の身分を有する者としての、6か月以上継続して。
      If you reside without engaging in activities as a person with the status of a spouse for more than 6 months continuously.
      法務大臣は、あなたの在留資格を取り消せます、上記の場合。
      The misister of justice may revoke your status of residence in the above cases.
      つまり、あなたの活動が、現に有する在留資格の活動範囲内での、条件です、継続して在留するための。
      In a nutshell, your activity within the scope of the status of residendce which you currently have is the condition to reside continuously.
      万一、あなたがほかの活動を希望するなら、与えられた在留資格の下で許容された活動以外の、
      In case you want to do other activities than that permitted under the status of residence granted,
      あなたは取得しなければなりません、そうするための許可を、またはあなたの在留資格を変更しなければなりません、ほかの在留資格に。
      You must obtain the permission for that or change your status of residence to another one.
      前者は資格外活動許可と言われます。
      The former is called the permission to engage in activity other than that permitted under the status of residence previously granted.
      後者は在留資格の変更許可と言われます。
      The latter is called the permission to change your status of residence.

  34. 前回、私は、在留資格の変更についてお話ししました、留学生の
    Last time, I talked about the change of status of residence of student.
    変更の許可についてのガイドラインが、留学生の在留資格の、具体的な要件について規定します
    The guideline about the permission for the change of status of residence of student stipulates the specific conditions.
    私は、そのガイドラインについてお話しします
    I’ll talk about the guideline.
    ・このガイドラインは、留学生を対象としています、彼らは卒業しました、日本の大学又は専修学校を
    The guideline is for the students who graduated from a Japanese college or vocational school
    ・留学生が変更申請を行った場合、入管は、許可するか否かを決定します、このガイドラインに基づいて
    The immigration bureau decides whether it grants the permission or not based on the guideline in the case that those students made an application for the change.
    ・留学生は、以下の要件を満たす必要があります
    They need to satisfy the following conditions.
    ・行おうとする活動内容が、いずれかの活動内容に当てはまることです、28タイプの在留資格の 
    The contents of activity to engage in should be subject to any contents of activity of 28 types of status of residence.
    ・その活動が、契約に基づいていることです、この国の公私の機関との
    The activity should be based on an agreement with either a public or private organization of this country.
    ・その外国人が、活動に従事すること、その活動は技術又は知識を必要とします、自然科学又は人文科学に関連する
    The foreigner should engage in activities which requires skill or knowledge related to the natural science or the humanities.
    ・留学生の学歴などが、上陸許可基準に適合していること、法務省令で定められた 
    The background of a student etc. should conform to the criteria for landing permission provided by an ordinance of the ministry of justice.
    ・上陸許可基準は、次の3つのポイントを含みます
    The criteria contains the following three points.
    ・留学生が、大学や専修学校を卒業すること、科目を専攻して、技術や知識に関連する、それは業務に必須です、従事しようとする
    The student should graduate from a college or vocational school majoring in a subject related to skill or knowledge which is essential for the work to engage in.
    ・留学生が、専修学校を卒業すること、専門士の称号を取得して
    The student should graduate from a vocational school with the title of diploma being granted.
    ・本人が、ほぼ同額の給料を受けること、日本人従業員が受けるのと
    The foreigner should get almost the same amount of salary as Japanese employees do.
    ・留学生の素行が善良であること
    The student’s behavior should be good.
    善良であるとはこのようなことを意味します、留学生が逮捕されたことがありません、警察に、そして支払っています、税金、年金や国民健康保険を
    It means that he hasn’t been arrested by the police and has paid tax, pension, and national health insurance.
    ・留学生が、義務を履行すること、入管法に定める、市役所への住居地の届出などのような、The student should fulfill his obligations provided by the act such as the address notification to municipal office etc.

    Correction

    前回、私は、在留資格の変更についてお話ししました、留学生の
    Last time, I talked about the change of status of residence of student.
    変更の許可についてのガイドラインが、留学生の在留資格の、具体的な要件について規定します
    The guideline about the permission for the change of status of residence of student stipulates specific conditions.
    私は、そのガイドラインについてお話しします
    I’ll talk about the guideline.
    ・このガイドラインは、留学生を対象としています、彼らは卒業しました、日本の大学又は専修学校を
    The guideline is for students who graduat from a Japanese college or a vocational school
    ・留学生が変更申請を行った場合、入管は、許可するか否かを決定します、このガイドラインに基づいて
    The immigration bureau decides whether it grants the permission or not based on the guideline in the case that those students make an application for the change.
    ・留学生は、以下の要件を満たす必要があります
    They need to satisfy the following conditions.
    ・行おうとする活動内容が、いずれかの活動内容に当てはまることです、28タイプの在留資格の 
    The contents of their activity should be subject to any content of activity of 28 types of status of residence.
    ・その活動が、契約に基づいていることです、この国の公私の機関との
    The activity should be based on an agreement with either a public or private organization in this country.
    ・その外国人が、活動に従事すること、その活動は技術又は知識を必要とします、自然科学又は人文科学に関連する
    The foreigner should engage in activities which require skills or knowledge related to the natural science or the humanities.
    ・留学生の学歴などが、上陸許可基準に適合していること、法務省令で定められた 
    The background of a student etc. should conform to the criteria for landing permission provided by an ordinance of the ministry of justice.
    ・上陸許可基準は、次の3つのポイントを含みます
    The criteria contains the following three points.
    ・留学生が、大学や専修学校を卒業すること、科目を専攻して、技術や知識に関連する、それは業務に必須です、従事しようとする
    The student should graduate from a college or a vocational school majoring in a subject related to skills or knowledge which is or are essential for the work he engages in.
    ・留学生が、専修学校を卒業すること、専門士の称号を取得して
    The student should graduate from a vocational school with the title of diploma granted.
    ・本人が、ほぼ同額の給料を受けること、日本人従業員が受けるのと
    The foreigner should get almost the same amount of salary as Japanese employees do.
    ・留学生の素行が善良であること
    The student’s behavior should be good.
    善良であるとはこのようなことを意味します、留学生が逮捕されたことがありません、警察に、そして支払っています、税金、年金や国民健康保険を
    It means that he hasn’t been arrested by the police and has paid tax, premiums for pension and national health insurance.
    ・留学生が、義務を履行すること、入管法に定める、市役所への住居地の届出などのような、The student should fulfill his obligations provided by the act such as the address notification to the municipal government office etc.

  35. 私は日本の大学で学んでいます、留学の在留資格で。
    I am studying at a Japanese college under the status of residence of student.
    わたしは、働くことをできますか、日本の企業で、大学を卒業して。
    Can I work at a Japanese company after graduating from the college?
    ・全部で28タイプの在留資格があります、日本に。
    There are a total of 28 types of status of residence in Japan.
    ・「留学」の在留資格はその中の1つです。
    The status of residence of student is one of them.
    ・その在留資格の目的は、学業を終えた後、あなたは、本国に戻ります、そして学んだことを役立てることです、本国の経済や産業の発展の為に。
    The purpose of it is that after studying, you get back to your home country and make good use of what you have learnt for economic or industrial growth of your country.
    ・一方、あなたは働くこともできます、日本企業で、学んだことを生かしながら。
    On the other hand, you can work at a Japanese company using the skills.
    ・このようなケースが年々増加しています。
    This kind of case has been increasing year by year.
    ・その場合、あなたは、在留資格を変更しなければなりません、「技術・人文知識・国際業務」などに。
    In that case, you must change your status of residence to engineer, specialist in humanities or international services and so on.
    ・あなたは、変更申請をできます、在留資格の。その前提として、ある会社で行おうとするあなたの活動内容が、28タイプの在留資格のいずれかの活動内容に当てはまることです。 
    You can make an application for change of your status of residence, on the premise that the contents of your activity at a company are subject to any contents of activity of 28 types of status of residence.
    ・入管法20条3項によりますと、法務大臣は、許可できます、彼若しくは彼女が認めるときに限り、相当の理由があると、在留資格の変更を認めるに足りる。
    According to article 20 paragraph 3 of the act, the Minister of Justice may grant the permission only when the Minister finds that there are reasonable grounds to grant the change of status of residence.
    ・1つのガイドラインがあります、変更の許可についての、留学生の在留資格の、入管により発行された。
    There is a guideline about permissions for changing the status of residence of student issued by the Ministry of Justice.
    ・そちらを参照してください、具体的な要件については。
    Please refer to it on the specific conditions.
    ・大変多くの、同種の申請がされます、毎年、3月に、なので、そういった申請者は、新しい在留資格を取得できません、4月1日前に。
    There are so many same kinds of applications made in March every year that those applicants cannot get the new statuses of residence before April 1st.
    ・あなたは、働くことを出来ません、在留資格を変更する前に。もし、そうすると、それは不法就労です。
    You cannot work before changing your status of residence, or it’s illegal work.
    ・あなたは心配するかもしれません、在留できるかどうかを、就職せずに、大学や専修学校を卒業した後。
    You might worry if you can reside without getting a job after graduating from your college or vocational school.
    ・その場合、あなたは、引き続き在留できません、留学の在留資格で。
    In such a case, you cannot reside continuously under the status of residence of student.
    ・仮定してみてください、あなたが、大学を卒業し、又は専修学校を卒業したと、専門士の称号を授与されて。
    Assuming that you graduated from a college or a vocational school with the title of diploma having been granted.  
    ・その後、あなたは、在留資格を変更出来ます、特定活動へ、もしあなたが推薦状を得られれば、卒業した大学や専修学校から、就職活動の為の。
    Afterward, you can change your status of residence to designated activity, if you can get a letter of recommendation from your college or vocational school for job hunting.
    ・その場合、あなたは、在留できます、1年間、最長で、就職活動の為。
    In that case, you can reside for a year at the longest for the purpose.

    私は日本の大学で学んでいます、留学の在留資格で。
    I study at a Japanese college under the status of residence of student.
    わたしは、働くことをできますか、日本の企業で、大学を卒業して。
    Can I work at a Japanese company after graduating the college?
    ・全部で28タイプの在留資格があります、日本に。
    There is a total of 28 types of status of residence in Japan.
    ・「留学」の在留資格はその中の1つです。
    The status of residence of student is one of them.
    ・その在留資格の目的は、学業を終えた後、あなたは、本国に戻ります、そして学んだことを役立てることです、本国の経済や産業の発展の為に。
    The purpose of it is that after studying, you get back your country and make good use of what you learnt for economic or industrial growth of your country.
    ・一方、あなたは働くこともできます、日本企業で、学んだことを生かしながら。
    On the other hand, you can also work at a Japanese company using it.
    ・このようなケースが年々増加しています。
    This kind of cases are increasing year and year.
    ・その場合、あなたは、在留資格を変更しなければなりません、「技術・人文知識・国際業務」などに。
    In that case, you must change your status of residence to engineer, specialist in humanities or international services and so on.
    ・あなたは、変更申請をできます、在留資格の。その前提として、ある会社で行おうとするあなたの活動内容が、28タイプの在留資格のいずれかの活動内容に当てはまることです。 
    You can make an application for change of your status of residence, on the premise that the contents of your activity at a company are subject to any contents of activity of 28 types of status of residence.
    ・入管法20条3項によりますと、法務大臣は、許可できます、彼若しくは彼女が認めるときに限り、相当の理由があると、在留資格の変更を認めるに足りる。
    According to article 20 paragraph 3 of the act, the minister may grant permission only when he or she finds that there are reasonable grounds to grant the change of status of residence.
    ・1つのガイドラインがあります、変更の許可についての、留学生の在留資格の、入管により発行された。
    There is a guideline about permission for changing the status of residence of student issued by the ministry of justice.
    ・そちらを参照してください、具体的な要件については。
    Please refer to it on the specific conditions.
    ・大変多くの、同種の申請がされます、毎年、3月に、なので、そういった申請者は、新しい在留資格を取得できません、4月1日前に。
    There are so many same kinds of applications made in March every year that those applicants cannot get the new statuses of residence before April. 1st.
    ・あなたは、働くことを出来ません、在留資格を変更する前に。もし、そうすると、それは不法就労です。
    You cannot work before changing your status of residence. If you do so, It’s illegal work.
    ・あなたは心配するかもしれません、在留できるかどうかを、就職せずに、大学や専修学校を卒業した後。
    You might worry if you can reside without getting a job after graduating a college or a vocational school.
    ・その場合、あなたは、引き続き在留できません、留学の在留資格で。
    In such a case, you cannot reside continuously under the status of residence of student.
    ・仮定してみてください、あなたが、大学を卒業し、又は専修学校を卒業したと、専門士の称号を授与されて。
    Supposed that you graduated from a college or a vocational school with the title of diploma having been granted.  
    ・その後、あなたは、在留資格を変更出来ます、特定活動へ、もしあなたが推薦状を得られれば、卒業した大学や専修学校から、就職活動の為の。
    Afterward, you can change your status of residence to designated activity, if you can get a letter of recommendation from the college or the vocational school which you graduated from for job hunting.
    ・その場合、あなたは、在留できます、1年間、最長で、就職活動の為。
    In that case, you can reside for a year at the longest for it.

    1. 私は日本の大学で学んでいます、留学の在留資格で。
      I am studying at a Japanese college under the status of residence of student.
      わたしは、働くことをできますか、日本の企業で、大学を卒業して。
      Can I work at a Japanese company after graduating from the college?
      ・全部で28タイプの在留資格があります、日本に。
      There are a total of 28 types of status of residence in Japan.
      ・「留学」の在留資格はその中の1つです。
      The status of residence of student is one of them.
      ・その在留資格の目的は、学業を終えた後、あなたは、本国に戻ります、そして学んだことを役立てることです、本国の経済や産業の発展の為に。
      The purpose of it is that after studying, you get back to your home country and make good use of what you have learnt for economic or industrial growth of your country.
      ・一方、あなたは働くこともできます、日本企業で、学んだことを生かしながら。
      On the other hand, you can work at a Japanese company using the skills.
      ・このようなケースが年々増加しています。
      This kind of case has been increasing year by year.
      ・その場合、あなたは、在留資格を変更しなければなりません、「技術・人文知識・国際業務」などに。
      In that case, you must change your status of residence to engineer, specialist in humanities or international services and so on.
      ・あなたは、変更申請をできます、在留資格の。その前提として、ある会社で行おうとするあなたの活動内容が、28タイプの在留資格のいずれかの活動内容に当てはまることです。 
      You can make an application for change of your status of residence, on the premise that the contents of your activity at a company are subject to any contents of activity of 28 types of status of residence.
      ・入管法20条3項によりますと、法務大臣は、許可できます、彼若しくは彼女が認めるときに限り、相当の理由があると、在留資格の変更を認めるに足りる。
      According to article 20 paragraph 3 of the act, the Minister of Justice may grant the permission only when the Minister finds that there are reasonable grounds to grant the change of status of residence.
      ・1つのガイドラインがあります、変更の許可についての、留学生の在留資格の、入管により発行された。
      There is a guideline about permissions for changing the status of residence of student issued by the Ministry of Justice.
      ・そちらを参照してください、具体的な要件については。
      Please refer to it on the specific conditions.
      ・大変多くの、同種の申請がされます、毎年、3月に、なので、そういった申請者は、新しい在留資格を取得できません、4月1日前に。
      There are so many same kinds of applications made in March every year that those applicants cannot get the new statuses of residence before April 1st.
      ・あなたは、働くことを出来ません、在留資格を変更する前に。もし、そうすると、それは不法就労です。
      You cannot work before changing your status of residence, or it’s illegal work.
      ・あなたは心配するかもしれません、在留できるかどうかを、就職せずに、大学や専修学校を卒業した後。
      You might worry if you can reside without getting a job after graduating from your college or vocational school.
      ・その場合、あなたは、引き続き在留できません、留学の在留資格で。
      In such a case, you cannot reside continuously under the status of residence of student.
      ・仮定してみてください、あなたが、大学を卒業し、又は専修学校を卒業したと、専門士の称号を授与されて。
      Assuming that you graduated from a college or a vocational school with the title of diploma having been granted.  
      ・その後、あなたは、在留資格を変更出来ます、特定活動へ、もしあなたが推薦状を得られれば、卒業した大学や専修学校から、就職活動の為の。
      Afterward, you can change your status of residence to designated activity, if you can get a letter of recommendation from your college or vocational school for job hunting.
      ・その場合、あなたは、在留できます、1年間、最長で、就職活動の為。
      In that case, you can reside for a year at the longest for the purpose.

  36. 日本人と婚姻している外国人は、在留資格「日本人の配偶者等」の在留資格で、引き続き在留することは可能でしょうか。
    もし、その外国人が、離婚し又は日本人配偶者が死亡したら。
    日本人の配偶者または日本人の子供は「日本人の配偶者等」と呼ばれる在留資格を認めてもらう資格があります。
    あなたが日本人と婚姻し、離婚をした、またはあなたの配偶者が死亡したと仮定します。
    今回のケースでは、入管法上、あなたの在留資格は無効になりませんが
    民法上、あなたは、日本人の配偶者としての身分を失います。
    次回、在留期間の更新許可を、あなたは取得することをできません。
    ですので、もし引き続いて在留することを希望するのなら、
    あなたは別の在留資格へ変更する必要があります。
    あなたが、結婚してから、「日本人の配偶者等」の在留資格で3年以上在留している場合、
    あなたは、定住者の在留資格への変更をすることができます。
    その在留資格は、特別な理由を考慮して、法務大臣により、居住を認められた者に与えられます。
    もし、日本人の配偶者としての活動を、継続して6か月以上行わずに、在留すると、
    法務大臣は、あなたの在留資格を取り消すことをできます。
    そのような場合、入管法により、法務大臣は、在留資格を変更する機会をあなたに与えるよう配慮しなければなりません。
    なるべく早めに、お近くの入管に相談することをお勧めします。
    上記とは別に、入管法19条の16第3項により、日本人配偶者と離婚し又は日本人配偶者が死亡したら、
    あなたは、それが発生してから、14日以内に入管に、そのことについて、届け出をしなければなりません。
    万が一、外国人がこの届け出を怠ると、それは20万円以下の罰金刑に該当します。

    Is it possible for a foreigner who is married to a Japanese to reside continuously under the status of residence of Japanese spouse or child?
    If the foreigner got a divorce or the Japanese spouse died.
    A spouse or child of a Japanese national is qualified to be granted the status of residence called spouse or child of Japanese national.
    Supposed that you married a Japanese and got a divorce or your spouse died.
    In this case, your status of residence doesn’t become invalid in immigration control act.
    You lose the status as a Japanese spouse in civil law.
    So you cannot get permission for extension of the period of stay next time.
    If you want to reside continuously,
    You must change your status of residence to another one.
    In the case that you have resided under the status of residence of Japanese spouse for more than 3years since you married,
    You can change to the status of residence of long-term resident.
    It’s granted to those who was allowed to reside by minister of justice considering special reason.
    If you reside without engaging in activities as a Japanese spouse for 6months or more continuously,
    Minister of justice may revoke your status of residence.
    In such a case, according to the act, the minster must give consideration to granting an opportunity to change the status of residence.
    I recommend that you consult a nearby immigration bureau as soon as possible.
    Aside from the above, according to article 19-16 paragraph 3 of the act,
    If you got a divorce from the Japanese spouse or he or she died,
    You must notify the bureau it within 14 days from the occurrence.
    In case you fail to do, you’re subject to be fined not exceeding two hundred thousand yen.

    1. Is it possible for a foreigner who is married to a Japanese [person] to reside continuously under the status of residence of Japanese spouse or child?
      If the foreigner got a divorce or the Japanese spouse died.
      A spouse or child of Japanese national is qualified to be granted the status of residence called spouse or child of Japanese national.
      Supposed that you married a Japanese [person] and got a divorce or your spouse died.
      In this case, your status of residence doesn’t become invalid in immigration control act.
      You lose the status as a [spouse of Japanese national] in civil law.
      So you cannot get [a] permission for extension of the period of stay next time.
      If you want to reside continuously,
      You must change your status of residence to another one.
      In the case that you have resided under the status of residence of Japanese spouse for more than 3 years since you married,
      You can change to the status of residence of long-term resident.
      It’s granted to those who [are] allowed to reside by [the Minister of Justice] considering [the] special reason.
      If you reside without engaging in activities as a Japanese spouse for 6months or more continuously,
      Minister of {Justice] may revoke your status of residence.
      In such a case, according to the act, the minster must give [you] consideration [for] granting an opportunity to change the status of residence.
      I recommend that you consult a nearby immigration bureau as soon as possible.
      Aside from the above, according to article 19-16 paragraph 3 of the act,
      If you got a divorce from the Japanese spouse or he or she died,
      You must notify the bureau [of] it within 14 days from the occurrence.
      In case you fail to do, you’re subject to be fined not exceeding two hundred thousand yen.

  37. 前回の復習を、私はします。
    I review the last time.
    入管法7条1項2号について、私はお話ししました。
    I told about article 7, paragraph (1) item (2) of the act.
    下記のとおり、それは、上陸審査に於ける、3つの大切なポイントから成り立っています。
    It consists of three important points in landing examination as below.
    日本でのあなたの活動が虚偽でないこと。 
    Your activity in this country isn’t a false one.
    あなたの活動の内容が、28タイプの在留資格のいずれかの活動の内容に当てはまること。
    The contents of your activity is subject to any contents of activity of 28 types of status of residence.
    全在留資格のうち、15タイプについて、上陸許可基準が適用されること。
    A criteria for landing permission is applied to 15 types of status of residence of all.
    入管法によれば、上陸の為の条件に適合していることを、あなたは立証する責任があります。
    According to the act, you are responsible for proving that you conform to the conditions for landing.
    短時間のうちに、空港で、様々な書類を提出して、あなたがそれをするのはとても大変なことです。
    It’s a lot of work for you to do it submitting various documents at an airport in a short period of time.
    入管法に、在留資格認定証明書と呼ばれる書類があります。
    There is a paper called a certificate of eligibility for status of residence in the act.
    それは、その時間と労を省きます。
    It saves you time and labor for it.

    入国審査官に、それを、あなたが提出すれば、
    If you submit it to them,
    あなたは、上陸の為の条件を満たしているということを証明できます。
    You can prove that you conform to the conditions for landing.
    上陸の為の審査をパスした後、
    After passing the examination,
    入国審査官が、あなたのパスポートに、上陸許可の証印をします。
    They affix a seal of landing permission in your passport.
    そして、あなたの在留資格と在留期間を決定し、パスポートにその旨を記載し、あなたに在留カードを交付します。
    And then, they determine your status of residence and period of stay, enter them in it and issue a resident card to you.
    次回、私は、在留カードについてお話しします。
    Next time, I will talk about a resident card.

    1. 前回のテキストを私は復習します。
      I review the last text.
      入管法7条1項2号について、私はお話ししました。
      I told about article 7, paragraph (1) item (2) of the act.
      下記のとおり、それは、上陸審査に於ける、3つの大切なポイントから成り立っています。
      It consists of the three important points of landing examination as below.
      日本でのあなたの活動が虚偽でないこと。 
      Your activity, which you declared, in this country should not be false.
      あなたの活動の内容が、28タイプの在留資格のいずれかの活動の内容に当てはまること。
      The contents of your activity should be subject to any content of activity of 28 types of status of residence.
      全在留資格のうち、15タイプについて、上陸許可基準が適用されること。
      A criteria for landing permission should be applied to 15 types of status of residence of all.
      入管法によれば、上陸の為の条件に適合していることを、あなたは立証する責任があります。
      According to the act, you are responsible for proving that your activity conforms to the conditions for landing.
      短時間のうちに、空港で、様々な書類を提出して、あなたがそれをするのはとても大変なことです。
      It’s troublesome you to do it submitting various documents at an airport in a short period of time.
      入管法に、在留資格認定証明書と呼ばれる書類があります。
      There is a document called a certificate of eligibility for status of residence in the act.
      それは、その時間と労を省きます。
      It saves you time and efort for it.

      入国審査官に、それを、あなたが提出すれば、
      If you submit it to them,
      あなたは、上陸の為の条件を満たしているということを証明できます。
      You can prove that your activity conforms to the conditions for landing.
      上陸の為の審査をパスした後、
      After passing the examination,
      入国審査官が、あなたのパスポートに、上陸許可の証印をします。
      They affix a seal of landing permission on your passport.
      そして、あなたの在留資格と在留期間を決定し、パスポートにその旨を記載し、あなたに在留カードを交付します。
      And then, they determine your status of residence and period of stay, enter them in it and issue a resident card to you.
      次回、私は、在留カードについてお話しします。
      Next time, I will talk about a resident card.

  38. 入国審査官による審査について引き続き、私は説明します。
    I continue to explain it by them.
    これが、最後のそして最も大切なポイントです。
    This is the last and most important point.
    それは、入管法7条1項2号です。
    It’s article 7, paragraph (1) item (2) of the act.
    このポイントは、3つのより詳細なポイントから成立しています。
    This point consists of three more detailed points.
    最初のポイントは、入国審査官に申告する活動は、真実の活動でなければならないということです。
    The first point is that the activity you notify to them has to be true one.
    例えば、中華料理のコックとして働くつもりですと、あなたが、彼等に、申告したと想像してください。
    Please, imagine that you notified them that you intend to work as a Chinese cook.
    しかし、もし、あなたの真の目的が、建設作業員として働くつもりであれば、入国審査官に申告した活動は虚偽の活動です。
    But if your real purpose is to work as a construction worker, the one you notified to them is false activity.
    次は、あなたの活動内容です。
    The next point is the contents of your activity
    以前お話ししたように、日本には全部で28タイプの在留資格があります。
    As I told you before, in Japan, there are a total of 28 types of status of residence.
    それらに応じて、在留資格はその特有の活動内容を持っています。
    Depending on them, a status of residence has the contents of the specific activity.
    日本でのあなたの活動内容が、それらのうちのいずれかに該当しなければなりません。
    The contents of your activity in Japan must fall under any one of them.
    最後は、法務省令です。
    The last point is an ordinance of the ministry of justice.
    それは、上陸許可基準と呼ばれています。
    It is called a criteria for landing permission.
    それは、入管法がカバーできないものをカバーします。
    It covers what the act cannot cover.
    全ての在留資格のうち、15タイプの在留資格に、それが適用されます。
    It is applied to 15 types of status of residence of all.
    もし、15タイプの在留資格のうちの、いずれかをあなたが取得しようとするなら、
    If you want to obtain any one of them,
    あなたは、その法務省令に適合する必要があります。
    You need to meet the ordinance.
    あなたが、「技能」の在留資格のもとで、中華料理のコックとして働きたい場合、
    When you want to work as a Chinese cook under the status of residence of skilled labor,
    あなたは、上陸許可基準により、中華料理人として、10年間の実務経験を、要求されます。
    You are required to have 10years of practical experience as a Chinese cook by the criteria.

    1. 入国審査官による審査について引き続き、私は説明します。
      I continue to explain it (examined) by them.
      これが、最後のそして最も大切なポイントです。
      This is the last and most important point.
      それは、入管法7条1項2号です。
      It’s article 7, paragraph (1) item (2) of the act.
      このポイントは、3つのより詳細なポイントから成立しています。
      This point consists of three more detailed points.
      最初のポイントは、入国審査官に申告する活動は、真実の活動でなければならないということです。
      The first point is that the activity you notify to them has to be true one.
      例えば、中華料理のコックとして働くつもりですと、あなたが、彼等に、申告したと想像してください。
      Please, imagine that you notified them that you intend(ed) to work as a Chinese cook.
      しかし、もし、あなたの真の目的が、建設作業員として働くつもりであれば、入国審査官に申告した活動は虚偽の活動です。
      But if your (true) purpose (was) to work as a construction worker, the one you notified to them is (a) false activity.
      次は、あなたの活動内容です。
      The next point is the contents of your activity.
      以前お話ししたように、日本には全部で28タイプの在留資格があります。
      As I told you before, in Japan, there are a total of 28 types of status of residence.
      それらに応じて、在留資格はその特有の活動内容を持っています。
      Depending on them, a status of residence has the contents of the specific activity.
      日本でのあなたの活動内容が、それらのうちのいずれかに該当しなければなりません。
      The contents of your activity in Japan (must be subject to) any one of them.
      最後は、法務省令です。
      The last point is an ordinance of the ministry of justice.
      それは、上陸許可基準と呼ばれています。
      It is called a criteria for landing permission.
      それは、入管法がカバーできないものをカバーします。
      It covers what the act cannot cover.
      全ての在留資格のうち、15タイプの在留資格に、それが適用されます。
      It is applied to 15 types of status of residence of all.
      もし、15タイプの在留資格のうちの、いずれかをあなたが取得しようとするなら、
      If you want to obtain any of them,
      あなたは、その法務省令に適合する必要があります。
      (Yor purpose needs) to meet the ordinance.
      あなたが、「技能」の在留資格のもとで、中華料理のコックとして働きたい場合、
      (In case) you want to work as a Chinese cook under the status of residence of skilled labor,
      あなたは、上陸許可基準により、中華料理人として、10年間の実務経験を、要求されます。
      You are required to have 10 years of practical experience as a Chinese cook by the criteria.

  39. 入国審査官による審査について、私は引き続き説明をします。
    I continue to explain the examination by them.
    上で述べたポイントの他に
    In addition to the above points
    2つのより重要なポイントがあります。 
    There are two more important points.
    それらは詳細であり、かなりのボリュームです。
    They are detailed and in high volume.
    幾つかの事例を挙げて、それらを簡単に説明します。
    I explain them simply citing some examples.
    最初のポイントは、上陸拒否事由です。
    First point is reasons for denial of landing.
    あなたが、上陸拒否事由に該当するか、彼等は、チェックします。
    They check if you fall under a reason for denial of landing.
    入管法5条は、15以上の上陸拒否事由を、規定しています。
    Article 5 of the act stipulates more than fifteen reasons for denial of landing.
    その事由よれば、原則として、以下の場合、あなたは、日本に入国できません。
    According to the reasons, in principle, you can’t enter Japan in the following cases.
    もし、あなたが新型インフルエンザ感染症の症状を持っていると見做されれば。
    If you are recognized to have symptoms of new influenza infection.
    もし、あなたが、大麻、覚せい剤やその他の違法薬物などを所持していれば。
    If you possess marijuana, stimulants and other illegal drugs etc.
    もし、あなたが、これまでに退去を強制されたことがあれば、退去強制令書に基づいて。 
    If you have ever been deported from Japan based on a deportation order.
    入管法24条は、多くの退去強制事由を規定しています。
    Article 24 of the act stipulates many reasons for deportation.
    もしあなたが、重大な法令違反を犯し、退去強制事由に該当すれば
    If you commit a serious violation of law and come under a reason for it,
    入国審査官が、退去強制令書により、あなたに、退去を命令します。
    They order you to leave this country by a deportation order.
    そのあと、あなたが退去させられた日から5年、若しくは10年間、入国審査官は、あなたの入国を、拒否します。
    And then, they deny your landing on Japan for 5years or 10years from the day you were deported.
    あなたの出入国歴、在留履歴を、入国審査官は調べることができます。
    They can check the history of your entering and leaving the country and your residence history,
    入管のコンピュータに、あなたの氏名、国籍、生年月日を入力することにより、
    Entering your datum such as name, national, or birthday etc. into the computers.

    1. 入国審査官による審査について、私は引き続き説明をします。
      I continue to explain the examination by them.
      上で述べたポイントに加え
      In addition to the above points
      2つのより重要なポイントがあります。 
      There are two more important points.
      それらは詳細であり、かなりのボリュームです。
      They are detailed and in high volume.
      幾つかの事例を挙げて、それらを簡単に説明します。
      I explain them simply citing some examples.
      最初のポイントは、上陸拒否事由です。
      The first point is reasons for denial of landing.
      あなたが、その理由に該当するか、彼等はチェックします。
      They check if you fall under the reason for that.
      入管法5条は、15以上の上陸拒否事由を、規定しています。
      Article 5 of the act stipulates more than fifteen reasons for denial of landing.
      その事由によれば、原則として、以下の場合、あなたは、日本に入国できません。
      According to the reasons, in principle, you can’t enter Japan in the following cases.
      もし、あなたが新型インフルエンザ感染症の症状を持っていると見做されれば。
      – If you are recognized to have symptoms of new influenza infection,
      もし、あなたが、大麻、覚せい剤やその他の違法薬物などを所持していれば。
      – If you possess marijuana, stimulants and other illegal drugs etc,
      もし、あなたが、これまでに退去を強制されたことがあれば、退去強制令書に基づいて。 
      – If you have ever been deported from Japan based on a deportation order,
      入管法24条は、多くの退去強制事由を規定しています。
      Article 24 of the act stipulates many reasons for deportation.
      もしあなたが、重大な法令違反を犯し、退去強制事由に該当すれば
      – If you commit a serious violation of law and come under a reason for it,
      入国審査官が、退去強制令書により、あなたに、退去を命令します。
      They order you to leave this country by a deportation order.
      そのあと、あなたが退去させられた日から5年、若しくは10年間、入国審査官は、あなたの入国を、拒否します。
      And then, they deny your landing on Japan for 5years or 10years from the day you are deported.
      あなたの出入国歴、在留履歴を、入国審査官は調べることができます。
      They can check the history of your entering and leaving the country and your residence history,
      入管のコンピュータに、あなたの氏名、国籍、生年月日を入力することにより、
      by entering your datum such as name, national or birthday etc. into computers.

  40. 日本に上陸する為の申請手続きを、私は引き続き説明します。
    I continue to explain the procedures.
    2つ目のポイントは個人識別情報です。
    The second point is information for personal identification.
    個人識別情報とは外国人の指紋と顔写真のことです。
    It’s a facial photograph and fingerprints of a foreigner.
    16歳未満の者や外交官等を除き、
    Except those who are under 16 years old or diplomats etc,
    もし、空港で、個人識別情報を、あなたが、入国審査官に提供しないと、 
    If you don’t provide it to the immigration inspectors at the airport.
    あなたは、日本に入国できません。
    You can’t enter Japan.
    入国審査官に、日本に上陸するための申請を、あなたが、した後、
    After you made the application for it to the immigration inspectors,
    以下のような幾つかのポイントを、入国審査官は、審査します。
    They examine some points as below.
    あなたのパスポートとそれに添付された査証は有効でしょうか。
    Are your passport and the visa attached to it valid?
    査証の有効期間は、その発給の翌日から3ヶ月以内ですのでご注意ください。 
    Please note that the valid period of a visa is within three months from the next day of issuance of the visa.
    在留期間は5年を超えていませんか
    Isn’t a period of stay over 5 years?
    日本には全部で28タイプの在留資格があります。
    There is a total of 28 types of statuses of residence in Japan.
    たいていの在留資格は、5年、3年、1年、若しくは3ヶ月といった在留期間を持っています。
    Most of statuses of residence has a period of stay such as 5years, 3years, 1year, or 3months.
    外交官等のための在留期間を除いて
    Except a period of stay for a diplomat etc.
    原則として、外国人の在留期間は5年を超えてはいけません。
    In principle, a period of stay of a foreigner must not exceed 5 years.
    機内で、外国人入国記録に必要事項を記入する際
    When you fill out the Disembarkation card on your plane,
    日本滞在予定期間にご注意ください
    Please be careful about the intended length of stay in Japan.

    1. 2つ目のポイントは個人識別情報です。
      The second point is information on personal identification.
      個人識別情報とは外国人の指紋と顔写真のことです。
      It’s a facial photograph and a fingerprint of a foreigner.
      査証の有効期間は、その発給の翌日から3ヶ月間ですのでご注意ください。 
      Please note that the period of a visa is valid for three months from the next day of issuance of the visa.
      在留期間は5年を超えていませんか
      Isn’t the period of your stay over 5 years?
      日本には全部で28タイプの在留資格があります。
      There are a total of 28 types of status of residence in Japan.
      たいていの在留資格は、5年、3年、1年、若しくは3ヶ月といった在留期間を持っています。
      Most of the status of residence have a period of stay such as 5years, 3years, 1year, or 3months.

  41. I explain the procedures for application for landing on Japan.
    On your plane, you fill out Disembarkation card.
    Then, you make an application for it to the immigration at the airport.
    There are two important points for it.
    The first point is passport.
    It needs to be valid and so do your visa issued by the Japanese consulate in your home countries.
    ‘SASHOU means visa.
    Some foreigners call the status of residence visa.
    But it’s not right.
    Roughly speaking, visa is a kind of a letter of recommendation issued by the Japanese consulate.
    It tells the immigration inspectors that you have no problem with entering and living in Japan.
    When you come from visa exempt countries for sightseeing etc.
    You don’t have to have a visa.
    Because people from the countries are exempted to have a visa.
    This is also true for the case you have a re-entry permission.
    If you have it when leaving the country,
    You can reenter the country without a visa within your period of stay.
    Otherwise, you will lose the status of residence after leaving the country.

    1. ‘SASHOU refers to visa.
      You have to have your visa.

      ずいぶんスッキリしました。

  42. 日本への上陸の申請手続きを、私は説明します。
    日本に上陸する前、機内で Disembarkation cardに必要事項を、外国人は、記入します。
    日本に上陸した後、入国した空港で外国人は、入国審査官に、上陸の申請をします。
    上陸の申請をする為に、大切なポイントが2つあります。
    1つ目のポイントは、パスポートについてです。
    外国人は、母国の日本国領事官により発行された査証が付いた有効なパスポートを所持している必要があります。
    査証とは、ビザのことです。
    外国人の中には、在留資格のことをビザと呼ぶ人もいます。
    しかし、それは正しくありません。
    大まかにいえば、査証とは、日本国領事官による一種の推薦状です。
    その人が、日本に入国し、滞在することについて問題はないと入国審査官に説明するための書類です。
    もし、その外国人が査証免除国出身か、または、再入国許可を持っていれば、
    その外国人は、そのパスポートに査証を有することを必要としません。
    査証免除国とは、文字通り、その国の出身者は、査証なしで、来日できることを意味します。
    再入国許可とは、日本に在留する外国人が、一時的に出国してから再び日本に入国するときに必要となる許可です。
    この許可を受けずに、日本に在留する外国人が、出国してしまうと、
    その外国人は、出国前に持っていた在留資格と在留期間を、失います。
    その場合、日本に入国するためには、再度、その外国人は、そのパスポートに査証を所持する必要があります。
    I explain the procedures for application for landing on Japan.
    Before landing on Japan, a foreigner fills out Disembarkation card on a plane.
    After landing on Japan, the foreigner applies for landing to the immigration inspectors at the airport of entry.
    There are two important points for the application.
    The first point is about passport.
    The foreigner needs to possess a valid passport with a visa issued by a Japanese consular officer in his home country.
    ‘SASHOU means a visa.
    Some of foreigners call the status of residence a visa.
    But it’s not right.
    Roughly speaking, a visa is a kind of a letter of recommendation by a Japanese consular officer.
    It’s a document to explain to the immigration inspectors there is no problem with the foreigner entering and living in Japan.
    If the foreigner comes from a visa exempt country or has re-entry permission,
    The foreigner doesn’t have to have a visa in the passport.
    A visa exempt country literally means that a person from the country can enter Japan without a visa. 
    Re-entry permission is permission that is required when the foreigner residing in Japan re-enter the country after temporarily leaving the country.
    If the foreigner residing in Japan leaves the country without receiving it,
    The foreigner will lose the status of residence and his period of stay that he had before leaving the country.
    In that case, it’s necessary for the foreigner to have a visa in the passport again to enter this country.

    1. I explain the procedures for application for landing on Japan.
      Before landing on Japan, foreigner fill out Disembarkation card on their plane.
      Then, they apply for landing to the immigration at the airport.
      There are two important points for the application.
      The first point is about passport.
      You passport needs to be valid and so does your visa issued by the Japanese consulate in their home countries.
      ‘SASHOU’ means a visa.
      Some of foreigners call the status of residence a visa.
      But it’s not right.
      Roughly speaking, a visa is a kind of a letter of recommendation by the Japanese consulate.
      It’s a document to tell the immigration inspectors that you have no problem with entering and living in Japan.
      If you come from a visa exempt country or have a re-entry permission,
      You don’t have to have a visa.
      A visa exempt country literally means those countries people of which can enter Japan without a visa. 
      A re-entry permission is the one that those who reside in Japan are required when they re-enter Japan after temporarily leaving the country, otherwise you will lose the status of residence and your period of stay. In that case, you have to acquire a visa again to enter Japan.

  43. I had two blogs a few years ago. Unfortunately, I didn’t update them. I gave them up just in 2 weeks. I didn’t know how to express myself on internet. We can communicate with others on it anonymously. I was worried if my readers might think ill of me. I hated to get bad feedbacks from them. But I know I need to restart. If I’d like to launch my own business. We can’t experience anything new, if we stay in our comfort zone.
    数年前、私は、2つのブログを所有していました
    不幸にも、私は、それらを、更新しませんでした
    ほんの2週間のうちに、それらを、あきらめました
    私は、インターネット上で、自分を表現する方法を、知りませんでした
    ネット上では、匿名で、他の人と、コミュニケーションできます
    私は、自分の読者が、私のことを、悪く言うかもしれないということを、恐れていました
    私は、彼らから、悪いフィードバックをもらうことを、嫌っていました
    しかし、私は、それを再開する必要があることを、理解しています
    もし、私が、自分のビジネスを、立ち上げたいのなら
    私達は、何も新しいことを、経験できません
    もし、コンフォートゾーンのなかに、とどまっているのなら

  44. 先日、私は福生駅にいました。券売機の前に私がいたとき、私の隣に1人の米軍兵士がいるのに、私は気づきました。彼を見て、私は驚きました。大きなリュックサックを背負って戦闘服を、彼は着ていました。戦場から彼は戻ってきたかのように見えました。 もちろん、彼は武装していませんでした。彼から数歩離れた後ろで、彼のことを彼の同僚たちが注意深く見ていました。彼のように、大きなリュックサックを背負い、戦闘服を彼らは着ていました。切符を彼は買おうとしていました。買い方を彼は知りませんでした。手助けを求めて、 彼は私のことを、チラッと見ました。その瞬間、彼が、私に、手助けしてもらいたがっているのを、私は理解しました。しかし、彼に買い方を教えるのを、私はためらいました。何故なら、彼らを私は怖いと感じたからです。 戦闘服を着ている人を、私達はめったに見ることはありません。福生市には、横田基地があります。福生市には、大勢のアメリカ人が住んでいます。市内のマクドナルドで、ハンバーガーを食べている、または道を歩いているアメリカ軍兵士を、私は見たことがあります。Tシャツやジーンズのようなカジュアルな服を、彼らが着ている時、彼らを、私は怖いと思いません。

    I was at FUSSA station the other day. When I was in front of a ticket-vending machine, I found an American soldier next to me. I was surprised to see him. He wore a combat uniform with a big sack on his back. It seemed as if he had just come back from a battle field. Of course,  he wasn’t armed. Back away a few steps from him, His colleagues were watching him. Just like him, they wore combat uniforms with big sacks on their backs. He was trying to buy a ticket. He didn’t know how to.  He took a glance at me for help. At that moment, I understood that he wanted me to help him with how to buy a ticket. But I hesitated to tell him it. Because I felt scared of them. We rarely see a person in combat uniform. There is Yokota air base in FUSSA city. Many Americans live in the city. I have seen military personnel walking in a street or eating a hamburger at McDonald’s in the city. When they wear casual cloths such as T-shirts and jeans, I don’t feel scared of them

    1. I was at FUSSA station the other day. When I was in front of a ticket-vending machine, I found an American soldier next to me. I was surprised to see him. He wore a combat uniform with a big sack on his back. It seemed as if he had just come back from a battle field. Of course, he wasn’t armed. A few steps behind him, were his colleagues watching him. Just like him, they wore combat uniforms with big sacks on their backs. He was trying to buy a ticket. He didn’t know how to. He took a glance at me for help. At that moment, I understood that he wanted me to help him get a ticket. But I hesitated to tell him about it because I felt scared of them. We rarely see a person in combat uniform. There is Yokota air base in FUSSA city. Many Americans live in the city. I have seen military personnel walking in a street or eating a hamburger at McDonald’s in the city. When they wear casual cloths such as T-shirts and jeans, I don’t feel scared of them

  45. 外国人が単純労働できるよう、政府が入管法を改正しようとしているというニュースは、今とてもホットです。
    The news that the government is going to revise Immigration control law to enable foreigners to do manual labor is now very hot.

    入管法とは何でしょうか。
    what is Immigration control act?

    それは、日本に在留している間、外国人が従わなくてはならないルールや手続きを規定した法律です。
    It is an act that stipulates rules and procedures that foreigners must follow during their residing in this country.

    入管法とは、出入国管理及び難民認定法の略です。
    Immigration control act stands for Immigration control and refugee recognition act.

    第二次世界大戦後、この法律は、アメリカの移民法をお手本に作られました。
    This act was made following American immigration law after WW2.

    この法律は、9章あります。
    This act has nine chapters.

    その中のいくつかの章は特に重要です。
    Some chapters among them are specifically important.

    大まかに言いますと、在留若しくは在留し労働しようとする外国人は、上陸してから、入国審査官による審査を受けます。
    Roughly speaking, a foreigner seeking to reside or to reside and work is subject to examination by an immigration inspector after landing.

    もしその外国人が、その審査をパスすれば、
    If the foreigner passes it,

    入国審査官がその外国人の在留資格と在留期間を決定し、旅券にその旨記載します。
    The immigration inspector decides the status of residence and period of stay of the foreigner and enters it in his passport.

    在留中、市役所への住居地の届出など、外国人に課される義務があります。
    There are some obligations imposed on a foreigner such as notification of his address in Japan to his municipal office during his residing.

    自分の在留期間が終了する前に、彼らは、日本から出国する必要があります。
    Before his period of stay expires, they need to leave this country.

    入管法は、2章、3章、4章で、これらの手続きを規定します。
    The act stipulates these procedures in chapter 2, 3, 4.

    4章、5章、5章の2、6章は、許可された在留期間を超えて滞在する外国人などを退去させる手続きについて規定します。
    Chapter 4, 5, 5-2, 6 in the act stipulate procedures to deport a foreigner who stays beyond the period of stay authorized and so on.

    9章は、義務違反等への罰則規定です。
    Chapter 9 is penal provisions to a bleach of a legal duty and so on.

    日本で外国人が在留し働くための全ての手続きを、入管法がカバーすることはできません。
    The act can’t cover all the procedures for a foreigner to reside and work in Japan.

    入管法が規定できない細かいルールや手続きを、その他の法令が規定しています。
    Other laws and ordinances stipulate detailed rules or procedures that the act can’t do.

    1. 外国人が単純労働できるよう、政府が入管法を改正しようとしているというニュースは、今とてもホットです。
      The news that the government is going to revise Immigration control law to enable foreigners to do manual labor is now very hot.

      入管法とは何でしょうか。
      What is Immigration control act?

      それは、日本に在留している間、外国人が従わなくてはならないルールや手続きを規定した法律です。
      It is an act that stipulates rules and procedures that foreigners must follow during their stay in this country.

      入管法とは、出入国管理及び難民認定法の略です。
      Immigration control act stands for Immigration control and refugee recognition act.

      第二次世界大戦後、この法律は、アメリカの移民法をお手本に作られました。
      This act was made following American immigration law after WW2.

      この法律は、9章あります。
      This act has nine chapters.

      その中のいくつかの章は特に重要です。
      Some of them are specifically important.

      大まかに言いますと、在留若しくは在留し労働しようとする外国人は、上陸してから、入国審査官による審査を受けます。
      Roughly speaking, a foreigner seeking to reside or to reside and work is subject to an examination by the immigration inspector after landing.

      もしその外国人が、その審査をパスすれば、
      If the foreigner passes it,

      入国審査官がその外国人の在留資格と在留期間を決定し、旅券にその旨記載します。
      The immigration inspector decides the status of residence and a period of stay of the foreigner and enters them in his passport.

      在留中、市役所への住居地の届出など、外国人に課される義務があります。
      There are some obligations imposed on foreigners such as address notifications to their municipal offices during their stay.

      自分の在留期間が終了する前に、彼らは、日本から出国する必要があります。
      They need to leave this country before their periods of stay expire.

      入管法は、2章、3章、4章で、これらの手続きを規定します。
      The act stipulates these procedures in chapter 2, 3, 4.

      4章、5章、5章の2、6章は、許可された在留期間を超えて滞在する外国人などを退去させる手続きについて規定します。
      Chapter 4, 5, 5-2, 6 stipulate procedures to deport those who have overstayed without permission and so on.

      9章は、義務違反等への罰則規定です。
      Chapter 9 is penal provisions to those who have violated legal duty and so on.

      日本で外国人が在留し働くための全ての手続きを、入管法がカバーすることはできません。
      The act can’t cover all the procedures for foreigners to reside and work in Japan.

      その代り、細かいルールや手続きをその他の法令が規定しています。
      Other laws and ordinances stipulate detailed rules or procedures instead.

  46. これまで、わが国では、外国人が、単純労働をするための在留資格が
    ありませんでした。
    それは、同じ仕事を求めて、日本人と外国人が競合しないための政策です。
    しかし、産業界からの強い要請により、政府はその政策を転換しようとし
    ています。 
    もしそれを、政府が実行すれば、私達の社会で、より多くの外国人と、私
    達は仲良くやっていく必要があります。
    外国人についての私達の考え方を、変える時期に来たのかなと、私は思い
    ます。
    最近、2人の行政書士の講演を聞きました。
    日本で外国人が在留し働くための手続きを、10年近くの間、彼らは扱っ
    ています。
    彼等の話の中に、アジアの国出身の外国人と共に生きていくための、ヒン
    トを私は見つけました。
    アジアの国出身のお客さんの中には、在留資格の審査をパスする為、嘘
    をつく人もいます。
    それでも、彼らが共通して持っているのは、アジアの国出身のお客さんへ
    の、真摯な態度です。
    心の中で、アジアの国出身の人々を、見下していては、外国人顧客を扱う
    ビジネスを、私たちは上手に継続することをできないでしょう

    There has not been a status of residence for foreigners to do unskilled work in Japan.
    It’s a policy not to let foreigners compete against Japanese for the same job.
    But the Japanese government is going to change it at the strong request from industry.
    If the government carry it out, we need to get along with more foreigners in our society.
    I wonder if the time has come for us to change our way of thinking about foreigners.
    Recently I have listened to lectures made by two administrative scriveners.
    For almost ten years, they have been dealing with the procedures for foreigners to live and work in Japan.
    I found a clue in their lectures to live with foreigners from Asian countries.
    Some customers from Asian countries tell a lie to pass the screening for the status of residence.
    Nevertheless, what those administrative scriveners have in common is their sincere attitude towards them.
    We will not be able to keep our business that deals with them going well, if we look down on them in our mind.

    1. There has not been a status of residence for foreigners to do unskilled work in Japan for them not to take away jobs from Japanese workers.
      But the Japanese government is going to change its policy with the strong demand from various industries.
      In that case, we will need to get along with more foreign workers at any work places.
      I wonder if the time has finally come for us to change our way of thinking about foreigners living in Japan.
      Recently I have listened to lectures made by two administrative scriveners.
      For almost ten years, they have been dealing with the procedures for foreigners to live and work in Japan.
      I found a clue in their lectures to how to deal with foreigners from Asian countries.
      They said some of their clients from Asian countries often tell a lie to pass the screening for the status of residence.
      Nevertheless, what those administrative scriveners have in common is their sincere attitude towards those like them.
      We will not be able to deal with potential foreign clients as administrative scriveners if we look down on them at heart.

  47. 私は、総合病院に、詳細な情報を、ホームページ上に、掲載してほしいです、誰がどの分野に、専門特化しているか、及び性別についても、細かい点まで。
    患者が、より詳細な情報を知ることを、大事であると、私は思います。
    何故なら、患者の問題は、お互いに、違います。
    足首を患っている人もいれば、リウマチを患っている人もいます。
    数年来ずっと、左足首の痛みと痺れを、私は持ち続けています。
    その痛みを理由として、1年前に、自宅近くの総合病院の整形外科に、私は行きました。
    先日、同じ痛みと痺れを、私は持ちました。
    どこの病院に行くべきかを、思案していました。
    再度、同じ病院に行くことに、決めました。
    そこへ行く前に、医者のプロフィールをチェックするため、病院のホームページを、私は閲覧しました。
    しかし、医者の専門分野についての詳細な情報は、ありませんでした。
    病院に到着後、A先生とB先生のどちらに受診したいですかと、看護師が
    私に、聞いてきました。
    どちらが、よりよいのか、私は全く分かりませんでした。
    二人のうち一人が、以前見てもらった先生(私の先生)でした。
    以前見てもらった先生(私の先生)をお願いしますと、看護師さんに、私は言いました。
    I want general hospitals to put detailed information, down to the last detail about who specializes in which field and gender to boot on the website. I think it’s important for patients to know more information. Because their problems are different from each other. Some suffer from ankle. Others suffer from rheumatism.
    I have been having left ankle pain and numb for years. I went to the orthopedics of the general hospital near my house one year ago because of the pain. The other day, I had the same pain and numb. I was wondering which hospital to go. I decided to go to the same hospital again. Before going there, I visited the website of the hospital to check the doctor’s profile. But there was no detailed information about specialized field of the doctors. After arriving there, a nurse asked me which doctor I want to see, doctor A or doctor B. I haven’t got the slightest idea which one was better. One of them was my doctor. I told her ‘my doctor, please’.

    1. I want general hospitals to put information down to the last detail on which doctor specializes in which field and their genders to boot on their websites. I think it’s important for patients to get more information because their problems are various. Some suffer from their ankle problem, others from rheumatism.
      I have been having pain and numb in my left ankle for years. I went to see an orthopaedist at the general hospital near my house one year ago because of the pain. The other day, I had the same pain and numb. I was wondering which hospital to go this time. I decided to go to the same hospital again. I visited their website to check the doctors’ profiles beforehand. But there was no detailed information on the specialized fields of the doctors. In the hospital, a nurse asked me which doctor I want to see, doctor A or doctor B. I haven’t got the slightest idea which one would be better or best. One of them was my then doctor. I told her ‘This one, please’.

  48. 2・3年前、私は、よく、米軍ラジオ放送を、聞きました。
    自分が、ネイティブスピーカーの英語を、どれだけ理解できるのか、知りたかったのです。
    頭の回転が速い時でさえ、私は、番組の約30-40パーセントを理解できただけです。 
    通常のラジオ番組と比較すると、ラジオCMは、カジュアルで、面白かったです。
    しかし、アメリカンミリタリーヘリテイジというCMは、かなりシリアスでした。
    何故なら、それは、米軍の歴史を紹介するCMだからです。
    それは、兵士の士気を鼓舞するためのものでした。
    そのCMは、激戦地で、米兵が、いかに勇敢に戦い、勝利したかを、私達に、紹介しました。
    そのCMの中で、私は、原爆バージョンが大嫌いです。 
    そのCMは、広島と長崎に、原爆を投下するとしたアメリカによる決定を、正当化していました。
    アメリカは、あの戦争を早く終結させるため、そして、犠牲者数を減らすため、原爆を使用したのだ、とCMは、主張していました。
    私は、それに同意しません。
    何故なら、私は、他の方法で、アメリカは、それらの目的を達成しえただろう、と思うからです。

    I’d often listened to American forces radio network a few years ago. I wanted to know how well I could understand native speaker’s English. Even when my brain was spinning fast, I could only understand 30-40% of some programs. Compared with usual programs, radio commercials were casual and funny.
    But a commercial on American military heritage was as serious as heart attack, because it is the commercial to introduce American military history. It was to inspire soldiers. It told us how bravely they fought and won in fierce battle fields.
    Among others, I hated the atomic bomb version of it. It justified the decision by u.s.to drop atomic bombs in Hiroshima and Nagasaki. It insisted U.S used them to end the war as soon as possible and decrease the number of casualty and victims. I don’t agree to it.
    Because I think they could have accomplished them otherwise.

    1. I often listened to American Forces Radio Network a few years ago. I wanted to know how well I could understand native speaker’s English. Even when my brain was spinning fast, I could only do 30-40% of some programs.
      Compared with usual programs, commercials were casual and funny. But the one on American Military Heritage was as serious as a heart attack because it introduced American military history. It was made to inspire their soldiers and also told us how bravely they fought and won in fierce battle fields. Among others, I hated the atomic bomb version. It justified their decisions to drop atomic bombs in Hiroshima and Nagasaki. It insisted they used them to end the war as soon as and claim as few victims as possible. I don’t agree to it because I think they could have accomplished their goal otherwise.

  49. 私は、キッチンの流し台の排水口を掃除することを嫌います。
    何故なら、それは、ぬめぬめしており、臭いからです。
    そこを掃除するために、色々なことをやらなければなりません。
    私はゴム手袋をはめます、排水口に洗剤をつけます、小さなブラシで洗います、シンク全体をスポンジで洗います、そして水でシンク全体をゆすぎます。
    一言でいえば、面倒くさいです。
    ある日、排水口を清掃するのにどれくらい時間がかかるのか、計測してみようと思いました。
    何故なら、やりたくないことをやるのにかかる時間を知りたかったからです。
    ストップウォッチで、それを私は計測しました。
    それは、約7分かかりました。
    思っていたほど、それには、時間がかかりませんでした。
    やりたくないこと、苦手なことを、数字で、客観的に理解することを大切かもしれないと、私は思いました。

    I hate to clean a drainage outlet in a sink in a kitchen.
    Because it’s slimy and stinky.
    I have to do various things to clean it.
    I wear rubber gloves, put a detergent on it, wash with a small brush, wash the whole sink with a washing sponge, and then rinse it.
    In a word, it’s tiresome.
    One day, I thought ‘I will measure how long it takes to clean it.’
    Because I wanted to know the time it takes to do what I don’t want to do.
    I measured it with a stopwatch.
    It took about seven minutes.
    It didn’t take so much time as I had thought.
    I thought it may be important to comprehend objectively what I don’t want to or what I’m not good at in figures.

    1. I hate to clean the drainage outlet of the kitchen sink because it’s slimy and stinky.
      I have to do various things to clean it.
      I wear rubber gloves, put some detergent over the drainage outlet, rub it with a small brush, cleanse the whole sink with a kitchen sponge, and then rinse them off with water.
      In a word, it’s tiresome.
      One day, I thought ‘I should time it.,’ because I wanted to know how long it takes me to finish what I don’t want to do.
      I used a stopwatch.
      It took about seven minutes, shorter than expected.
      It may be important for me to quantify what I don’t want to do or what I’m not good at, to see it objectively.
      quantify 数値化する、定量化する

  50. 先日、台東区の池波正太郎記念文庫に、私は行きました。
    一流の殺陣師による殺陣に関する講演会に出席する為です。
    何故なら、時代劇を観るのを私は大好きだからです。
    時代劇評論家の春日太一氏がホスト役でした。
    数々の黒澤映画に、三船敏郎と一緒に、彼は参加していたと、そのパンフレットに書いてありました。
    背が高くて強そうな男性を、私はイメージしました。
    しかし、物凄く背の低い痩せた老人が舞台に出てきたのを見て、私は驚きました。
    本当に、彼が一流の殺陣師なのかなと私は思いました。
    鬼平犯科帳の撮影について彼らは始めました。
    私が期待していたほど、それは、面白くなかったです。
    その講演会の終わり近くで、春日氏が言いました。
    本日、サプライズゲストとして、仲代達也さんがお見えになっていますと。
    客席から、一人の年配の紳士が立ち上がり、舞台への階段を登るのが、私に見えました。
    その紳士が、仲代さんでした。
    仲代さんが、「お久しぶりです」と殺陣師の方に言いながら、はなし始めました。
    その時、私は、彼が三船敏郎に刀で斬られて血しぶきを上げた 映画「椿三十郎」のラストシーンを、思いだしました。
    私達の目の前に、仲代達矢が、いることに、私は感激しました。
    あのよぼよぼの殺陣師は、ひとかどの人物なのだと、私は理解しました。
    The other day, I went to the IKENAMI SHOTARO memorial library in TAITOUKU.
    I was there for a lecture about a sword fight by a major TATESI.
    Because I love to watch JIDAIGEKI movies.
    The host of the lecture was Mr. KASUGA TAICHI who is JIDAIGEKI critic.
    The pamphlet said that he used to work with MIFUNE TOSIRO in KUROSAWA movies.
    I imagined a tall guy who looks strong.
    But I was surprised to see a very small skinny old man come to the stage.
    I wondered if he was really a major TATESI.
    They began to talk about shooting on ONIHEI HANKACHO.
    It was not so interesting as I expected.
    Near the end of the lecture, Mr. KASUGA said,
    ‘Today we have Mr. NAKADAI TATUYA here as a special guest.’
    I saw an old gentle man rise from his seat and walk up the stairs to the stage.
    The gentle man was Mr. NAKADAI.
    He began to talk with the TATESI saying ‘long time no see.’
    At that time, I remembered the last scene of TUBAKISANJURO in which blood gushed out of his body after cut with a sword by MIFUNE.
    I was moved that Mr. NAKADAI was in front of us.
    I realized that the feeble old TATESI was something.

    1. major (artist, worker) とは言わないでしょう、see ~ doing (動きのある)使役動詞で、as (I had) expected、slash 切り裂く、深く切る

      The other day, I went to the IKENAMI SHOTARO memorial library in TAITOUKU to listen to a lecture on sword battles by a top-notch TATESI. I love to watch samurai dramas. The lecturer was Mr. KASUGA TAICHI who is a samurai drama critic. The brochure said that he used to work with MIFUNE TOSIRO in many KUROSAWA movies. I imagined a tall guy who looked tough and strong. But I was surprised to see a very small, skinny old man coming on to the stage. I wondered if he was really an outstanding TATESI. They began to talk about the shooting ONIHEI HANKACHO. It was not so interesting as expected. Around the end of the lecture, Mr. KASUGA said, ‘Today we have Mr. NAKADAI TATSUYA here as a special guest.’ I saw an old gentle man rising from his seat and then walking the stairs up to the stage. The gentle man was Mr. NAKADAI. He began to talk with the TATESI saying, ‘Long time no see.’ At the same time, I remembered the last scene of TUBAKI SANJURO in which he was slashed by MIFUNE and the blood gushed out of his body. I was moved to see Mr. NAKADAI in front of us. I realized that the feeble old TATESI was something.

  51. 10月4日に、私達は住居を引越しました。その時、私達はかなりたくさんのものを捨てました。それまでに捨てるべきものを捨てなかったからです。私達は、この引越しを終活の最初のステップと考えています。終活とは、人生の最後を迎えるための準備活動です。この言葉は、2012年から広く使われています。
    On 4th of October, we moved our residense. At that time, we did away with so many stuffs because we had not turned out things to throw away until then. We are thinking this move as the first step for Shukatu, that means an activity for preparation to reach the end of life. This word has been popularly used since 2012.

    1. 英文添削の前に、あなたの日本語に誤り(一文)があります。今後のために自分で探してみてください。
      ヒント:日本人は気づかないでしょうが、物理的に見ればわかります。

      1. 住居を引っ越すではなく、引っ越すとだけの表現にすべきだった。
        それまでに捨てるべきものも、捨てるべきだったものの方が正しい。
        以上が、訂正すべきところかと思いました。

        1. 「住居を引っ越す」は「住居を変える」に。引っ越すのは人間です。stuff はsなしで。turn out は不要(日本文には該当する語はありません。that の前のカンマは不要。that が前の文を示します。
          英文を聞くhttps://app.quick-appli.net/study/passages ダッシュボードのDIALOGUE をクリック

          If I were you I would write
          On October 4th, my husband and I moved (out of our condo). We threw away a lot of our stuff. The amount was more than expected because we had not thrown away what we had to until then. We consider this occasion as the first step toward Shukatsu, meaning a stage of preparation for one’s death, or an end-of-life plan. This word has been widely used since 2012.

          1. 添削ありがとうございます。
            もう一点確認させてください。死を迎えるや、最後の時を迎えるという時の「迎える」には、どの動詞を使うべきでしょうか?

          2. ・死を迎える
            人を迎えるではないので、動詞を変えるほうがいいでしょう。「死に臨む」face one’s death 「= 死と向かい合う」= be prepared to die「死ぬ覚悟(準備は)できている」、prepare to die 「死ぬ覚悟(準備を)する」など。
            ・最後の時を迎える
            人生の最終日が来るのを待つ wait for one’s final day to come
            最期の息をする take one’s last breath など。。いずれにしても、自分が納得できる他の表現を探し、その人にとって最も適切な日本語が最も適切な英語になります。

            因みに「(あなたの)終活ってなんですか?」と聞かれたら、私は一般論で
            Preparation for aging and death after that while downsizing one’s lifestyle
            生活様式を縮小しつつ、高齢とその後の死への準備
            個人的には
            I will prepare to leave what is necessary for my two sons before I die.
            私は死ぬ前に私の2人の息子たちのために必要なものを残す準備をするでしょう。
            と答えるでしょう。

  52. 八つ当たりをするの「take it out」について質問です。

    「私に八つ当たりをする」や「彼女に八つ当たりをする」という場合はitがmeやherになるということですか?

    1. [take it out] はセット。Don’t take it out on me. 私に八つ当たりしないで。
      it は、心の中の「もやもや」を指すと考えます。「あなたの心の中のもやもやを外に取り出して、私にそれ(もやもや)を貼り付けないで(移さないで)」と解釈すれば納得できると思います。

miamiko にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。